ジンジャーシロップ 300ml

商品情報

1,296円(税込)
数量

・名称 ジンジャーシロップ 
・原材料名 ショウガ(高知県産)、きび砂糖、有機カルダモン、有機ブラックペッパー
・内容量 300ml

・賞味期限 お届け後90日保証
・保存方法 直射日光を避け、常温で保存。 
・製造者 株式会社信州自然王国(長野県飯田市)

・栄養成分表示(100gあたり)エネルギー180kcal/たんぱく質0.1g/脂質0.2g/炭水化物44.5g/食塩相当量0.06g
・ご注意点 保存料などは使用しておりませんので、開封後は冷蔵にて保存し、お早めにお使いください。

 

※瓶の形状が変わることがございます。予めご了承ください。

商品情報

1,296円(税込)
数量

・名称 ジンジャーシロップ 
・原材料名 ショウガ(高知県産)、きび砂糖、有機カルダモン、有機ブラックペッパー
・内容量 300ml

・賞味期限 お届け後90日保証
・保存方法 直射日光を避け、常温で保存。 
・製造者 株式会社信州自然王国(長野県飯田市)

・栄養成分表示(100gあたり)エネルギー180kcal/たんぱく質0.1g/脂質0.2g/炭水化物44.5g/食塩相当量0.06g
・ご注意点 保存料などは使用しておりませんので、開封後は冷蔵にて保存し、お早めにお使いください。

 

※瓶の形状が変わることがございます。予めご了承ください。

生姜香る、スパイシーなジンジャーシロップ


風味豊かな生姜と、香り立つ2種類のスパイス(カルダモン・ブラックペッパー)をブレンドし、きび砂糖と一緒にじっくり煮詰めてつくっています。
甘さはひかえめにし、生姜とスパイスの風味を引き立てた、大人のジンジャーシロップ。
余計なものは入れず、こくがしっかりありながらも、すっきりと飲みやすい味わいです。
ソーダで割ってジンジャーエール、牛乳と合わせてジンジャーミルク、他にもデザートやお料理のソースなど、いろいろな楽しみ方が広がります。

ジンジャーシロップができるまで

1|うつくしい自然のなかで生姜づくり

生姜の生産者・林真代さん(壕の前で)

山、川、美しい自然に恵まれた高知県四万十町。
ジンジャーシロップに使われている生姜の生産者のひとり、林真代さんは、アジアやアフリカで有機農業の普及に努める仕事に携わったのち、縁あってこの地で農業を始められました。
四万十町は「自然がいっぱいで、人間らしい生活ができるところ」と言います。
畑の土づくりには、米ぬかや手づくりのぼかし、鶏ふんなどを利用し、化学合成農薬・化学肥料に頼らない野菜づくりをされています。

 

2|香りのつよい親生姜

風味しっかりの親生姜

ジンジャーシロップには、”親生姜”を使っています。
親生姜とは、種生姜として植えられ収穫された生姜のこと。
繊維がつよく収穫量も少ないので、一般に出回ることは多くありませんが、力強い生姜の風味が特徴です。
元々は安価で加工に回されていたものですが、この親生姜がジンジャーシロップの香りを立てる大事な存在になっています。

 

3|高知の生姜農家さんのレシピをアレンジ

試作を重ねて選んだスパイス

高知県の生姜農家〈さとうベジファーム〉さんが作られていたジンジャーシロップのレシピを受け継ぎ、新たなアレンジを加えて完成しました。

試作を重ねる中で選んだ2種類のスパイス(カルダモン・ブラックペッパー)を使い、より深みのある味わいに仕上がりました。

1本で、いろいろたのしめる


ジンジャーシロップ1本で、何種類ものたのしみ方が広がります。
ソーダで割ってジンジャーエールにしたり、牛乳と合わせてジンジャーミルクにしたり。お料理に甘みを足したいときにも使えます。

ドリンクにスイーツ、お料理と、お好みのアレンジをお楽しみください。

 

ジンジャーシロップでつくるレシピのご紹介

 

■ジンジャーシロップピクルス

お酢と合わせて、ピクルスに。

上の写真はゴーヤのピクルス。ゴーヤの苦味にジンジャーシロップの生姜とスパイスの風味がよく合います。

お好みのお野菜で試してみてくださいね。

 

シャンディガフ(ジンジャービール)

 


ジンジャーシロップにビールを注げば、生姜の味わいが濃厚なシャンディーガフに。
ビールが苦手なかたでも飲みやすく、おすすめです。

 

ほかにも、ジンジャーシロップでつくるドリンクやスイーツのレシピをいろいろとご紹介しています。

詳しいレシピは、スタッフおすすめ・ジンジャーシロップの楽しみ方をご覧ください!

スタッフと、ジンジャーシロップ

自分用にプレゼント用にと、スタッフからも人気のある「ジンジャーシロップ」。いつもデスクまわりに美味しいものを揃えている、スタッフ掘の声を聞いてみました。

ミルクたっぷりのカフェオレにジンジャーシロップをとろりと溶かしたジンジャーラテをのんで、その美味しさにびっくり。それ以来、冷蔵庫に常備しています。
お風呂上がりは、氷の入ったグラスにこのシロップを注いで、炭酸水とレモンで割ったジンジャーエールがお気に入り。
スパイスたっぷり辛口ののど越しが最高で、思わず「ぷはー!」と声が漏れます。

●スタッフ 堀 淳子(生産者窓口)