京のだしパック 10g×12袋
918(税込)

・名称 だしパック
・原材料名 うるめいわしふし(国内製造)、さばふし、そうだかつおふし、昆布
・内容量 120g(10g×12袋)
・賞味期限 お届け後60日保証

・保存方法 直射日光・高温をお避けて常温で保存。開封後は冷蔵庫に、保管し、お早めにご使用ください。
・製造者 株式会京のおだし(京都府京都市)
・販売者 株式会社森野義(京都府京都市)

・栄養成分表示 (100gあたり)エネルギー283kcal、たんぱく質54.6g、脂質4.2g、炭水化物8.7g、食塩相当量3.5g(推定量)

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準について、詳しくはこちらをご覧ください

毎日の食卓に。味噌汁やうどんにぴったりのおだし

こくと香りのある、国産のうるめいわし、さば、そうだかつおの節と、すっきり上品なうま味のある北海道産の利尻昆布をブレンドした、手軽に使えるだしパック。香りと味わい、こくのバランスがとれたおだしがひけます。

 

削り節の原料となる節と昆布は、職人の目利きで国内の産地から良質なものを仕入れます。産地や旬によって、味のバランスをとりながら、〈京のおだし〉の自社工場で削って調合。それぞれの節の風味が生きるよう、ひとつひとつ丁寧に加工しています。だしパックの形状は、豊かな風味をしっかりと引き出せるテトラ型です。

 

京都のうどん屋さんにも卸して使われているという、合わせだし。おだしの味がしっかりと前に出てくるので、濃い味わいのお料理におすすめです。うどんやそばのおだしのほか、お味噌汁や肉じゃがなど、日常のお料理に。

 

つくり手のこと

KYONO ODASHI(きょうのおだし)(京都府京都市)

1970年創業の京都・伏見の削り節屋〈森野義〉から、新しく生まれたブランド〈KYONO ODASHI(きょうのおだし)〉。

 

これまでは、日本料理屋やうどん屋、そば屋が主な卸し先でしたが、おだしの文化をもっと身近に、という思いから、家庭でも手軽に使えるおだしの提案をはじめました。余計なものは一切入れず、素材の味を引き立てるような、やさしく、厚みのある味わいのおだしをお届けしています。

 

家庭でおだしをひくことで生まれる、「味のぶれ」も楽しんでほしいという、KYONO ODASHIの森野賢治さん。毎日の食卓でいただくおだしは、家族の会話やコミュニケーションにも繋がります。

おいしいおだしのひき方

鍋に水400mlとだしパック1袋を入れ、火にかけます。だしパック全体に水が染み込むように箸などでゆっくり揺らし、沸騰したら弱火にして5~7分煮出します。火を止め、だしパックを取り出してお使いください。

スタッフの声

坂ノ途中スタッフで、おだしの試飲会を行いました。試飲会のようすと、自宅に持ち帰ってお料理に使ってみた感想をご紹介します。

 

お客さま担当:
「おだしそのままで美味しい」
「上品な味」
「これが一番好き」(関西出身スタッフ)
「うどんに合いそう」(うどん好きスタッフ)

 

商品担当:
「京都のうどん屋さんにも卸して使われている合わせだしなので、うどんに合いそうというのはまさにそのとおり!」

 

スタッフの食卓から

揚げ出し豆腐

お客さま担当(佐野):
この日は夫が料理をしてくれました。いつもはだしをとるのがちょっと億劫なようですが、鍋にパックを入れてお湯を沸かすだけなので、簡単でとても気に入ったようです。「色が薄くて分量あってるかなとちょっと心配になったけど美味しくできた。豆腐とかうどんとか優しいものに合いそうやなあ」とのこと。

 

きざみうどん

お客さま担当(寺岡):
うどんは、だしのうま味がしっかりきいて、簡単にお店の味が再現できてしまいました。
すりおろしショウガとすごく合います。汁まで完食です!
もうひとつ、さといもとこまつなの煮物にも。だしだけで味見するとしっかりと魚の風味を感じましたが、お料理に使うと臭みは一切なくなり、素材そのものの味を引き立てるだしに変化するなと思いました。パックで簡単なので、普段使いしたいですね。

 

冬瓜と大豆ミートのあんかけ、お野菜たっぷり味噌汁

お客さま担当(高下):
あんかけは、調味料の量を少し減らしたのですが、おだしが前に出すぎず、でもしっかりうま味があって、ちょうどいい好みの味に仕上がりました(主人は箸が止まらず、私の分も横取りされました……)。お味噌汁も普段は昆布だけでだしを取っているけれど、いつもよりも旨みがしっかりとあって美味しかったです。