ニコニコヤサイのピーナッツバター

商品情報

種類
有糖
1,296円(税込)
数量

・商品詳細 商品ページ下部をご覧ください

 

※無糖は在庫がなくなったため、販売を終了いたしました。次回は2022年4月ごろに入荷予定です。

商品情報

有糖
1,296円(税込)
数量

・商品詳細 商品ページ下部をご覧ください

 

※無糖は在庫がなくなったため、販売を終了いたしました。次回は2022年4月ごろに入荷予定です。

ピーナッツの味がしっかり感じられる。濃厚なピーナッツバター

ベトナム産ピーナッツをたっぷり使用した濃厚なピーナッツバター。現地で有機農業の普及に取り組む〈ニコニコヤサイ〉さんがつくったピーナッツを使ってつくったものです。210gのピーナッツバター1瓶をつくるのに、180〜190gのピーナッツを使用しているので、豆の濃厚な味わいが楽しめます。
隠し味にほんの少し加えたのが、淡路島〈脱サラファクトリー〉さんの自凝雫塩(おのころしずくしお)。坂ノ途中でも人気のお塩です。素材の味わいを引き立てるこのお塩のおかげで、コクが出て、後味が引き締まります。固くならないよう、こめ油でなめらかさを出し、塗りやすいやわらかさに仕上げています。

 

有糖と無糖の2種類があり、それぞれでピーナッツの焙煎度を変えています。
有糖は、コクを出すために中煎りに。きび砂糖でほんのりとやさしい甘さです。きび砂糖の量は何度も試作を重ね、甘すぎず、ほどよい自然な甘味になるように決めたそうです。パンにつけるのはもちろんですが、甘さ控えめなので、スイーツにトッピングしても使えます。バニラアイスにかけると、ピーナッツの濃厚さとほどよい塩気が加わって美味しいです。

 

無糖は、浅煎りで軽い仕上がりに。ピーナッツ本来の甘みを引き出しています。砂糖が入っていないので、お好みの甘さに調整ができ、お料理にも使いやすく用途も広がります。ベトナムでは生春巻きのソースなど、料理によく使うそうです。

 

坂ノ途中スタッフおすすめのピーナッツバターの使い方を聞くと…
担々麺のスープに、

蒸し鶏やゆで野菜ソースに、

ゆでた野菜に混ぜてピーナッツあえに、

お味噌と混ぜて野菜炒めの調味料に、

トマト煮に加えて、

バナナやジャムと一緒にトーストにぬって、

ジーマーミ豆腐に、

スムージーに加えて

と、いろいろな活用方法を教えてくれました。

ニコニコヤサイさんのピーナツバターなら、有糖でも甘すぎないのでお料理にも使えます。

美味しさの秘密はベトナムの自社農場に

原料のピーナッツはニコニコヤサイのベトナムにある自社農園で、農薬や化学肥料を使わず生産されています。収穫されたピーナッツは殻ごと天日干しに。乾燥したら、一つずつ殻を剥き、形の悪いものを取り除きます。選別ができたら、軽く焙煎し、再び選別。焦げたものを取り除き良いものだけを残します。ここまでできたら、ようやく出荷の準備。品質劣化を防ぐため真空パックに詰めて日本へ送ります。


大変手のかかる作業ですが、この丁寧な仕事が美味しさの秘訣。スタッフのみなさんを率いるのは、農園長のティエンさん。ティエンさんとスタッフさんの信頼関係があるからこそ、作業の質が保たれ、美味しいピーナッツ生産が可能になっているのです。

ティエンさん

ベトナムの農園の丁寧な手仕事のバトンを受け取るのは、現在日本でピーナッツバターの加工を担っているニコニコヤサイ代表の塩川さん。ご友人の協力を得て、丁寧に焙煎して練り上げます。完成したらひとつずつ瓶詰め。ベトナムの現地スタッフの想いを引き継ぎ、丁寧に手仕事で仕上げています。

日本とベトナムを繋ぎたい、ニコニコヤサイ塩川さんの思い

ラオスのロンラン村でワークショップをする塩川さん

ニコニコヤサイさんは、現地で農薬や化学肥料不使用で野菜の栽培をしながら、ベトナムと日本を繋ぐさまざまな活動に取り組まれています。

代表の塩川さんと坂ノ途中とは2012年ごろからの長いお付き合いがあります。ベトナムに農園を持ち、自分自身の手で野菜を育て、海外での有機農業をリアルに経験してきた塩川さん。坂ノ途中が東アフリカのウガンダで有機農業の普及活動を行ったときも、東南アジアのラオスで海ノ向こうコーヒーの事業を立ち上げたときにも、現地に来てもらってその知見をお借りしました。(写真は、塩川さんがラオスのコーヒー産地で土づくりのワークショップしている様子)坂ノ途中代表の小野も何度かベトナムのニコニコヤサイ農場を訪問し、塩川さんの出身地・淡路島の農家さんを一緒にまわったこともありました。

塩川さんが、わざわざベトナムのピーナッツを日本に輸入してピーナッツバターを作るのには、理由があります。2020年に日本に一時帰国中だった塩川さん。コロナの影響でベトナムに戻れなくなり、日本でできることを模索していました。そこで考えたのが、ベトナムの野菜をつかって商品をつくり日本で販売することでした。早速ベトナムからピーナッツを輸入し、淡路島の加工会社さんに依頼して製造をはじめます。試作を重ねてできたのが、このピーナッツバター。日本のお客様にベトナムのピーナッツを味わってもらい、ベトナムとの繋がりを感じてもらえたら、という想いが込められています。
将来は、日本での販売だけでなく、そこで得た知見を活かして、ベトナムでベトナム産ピーナッツバターを販売したいという目標も。

ベトナムに想いを馳せながら、美味しく味わってください。

 

商品詳細

■ピーナッツバター(有糖)

・名称 ピーナッツバター有糖
・原材料名 落花生(ベトナム産農薬不使用)、国産こめ油、きび砂糖、海塩(淡路島産)

・内容量 210g
・賞味期限 お届け後60日保証
・保存方法 高温多湿を避け常温保存

・販売者 合同会社niconicoyasai

・アレルギー ピーナッツ

・栄養成分表示 (100g当たり)エネルギー620kcal/たんぱく質20.6g/脂質45g/炭水化物24.9g/食塩相当量0.7g

・ご注意点 無添加のため、製品上部にオイルが分離していることがありますが、ピーナッツの良い油分ですので、よくかき混ぜてお召し上がりください

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準について、詳しくはこちらをご覧ください

 

■ピーナッツバター(無糖)

・名称 ピーナッツバター無糖
・原材料名 落花生(ベトナム産農薬不使用)、国産こめ油、海塩(淡路島産)

・内容量 210g
・賞味期限 お届け後60日保証
・保存方法 高温多湿を避け常温保存

・販売者 合同会社niconicoyasai

・アレルギー ピーナッツ

・栄養成分表示 (100g当たり)エネルギー599kcal/たんぱく質20.6g/脂質45g/炭水化物24.9g/食塩相当量0.7g

・ご注意点 無添加のため、製品上部にオイルが分離していることがありますが、ピーナッツの良い油分ですので、よくかき混ぜてお召し上がりください

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準について、詳しくはこちらをご覧ください