梅シロップ500ml
1,620(税込)

・名称 うめシロップ
・原材料名 梅(奈良県産)、ビート糖 
・内容量 500ml
・賞味期限 お届け後60日保証
・保存方法 直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください
・販売者 堀内農園(奈良県五條市)

・栄養成分表示(100ml当たり) エネルギー188kcal/たんぱく質0.2g/脂質0.0g/炭水化物46.8g/食塩相当量0g(推定値)

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準について、詳しくはこちらをご覧ください

・ご注意点 

  • – 開栓後は10℃以下の冷蔵庫にて保管し、お早目にお召し上がりください
  • – 白い浮遊物や沈殿物がみられることがございますが、うめの成分によるもので品質には問題ございません

果実園のこだわりがつまった、うめシロップ

奈良県吉野地方にある〈堀内果実園〉さんの自社農園にて土づくりから手をかけて育てた梅を使用し、北海道産ビート糖を加えてじっくりと時間をかけ、エキスを抽出しました。甘酸っぱさだけでなく、梅そのままの味や香りが楽しめるシロップです。

うめシロップの楽しみ方

4倍希釈となってますが、氷を入れたグラスに原液を入れ、少しずつ溶かしながら、飲むと梅そのものの芳醇な香りやまろやかな甘酸っぱさをより一層感じます。4倍希釈すると、梅の香りも楽しめ、爽やかで後味すっきりとした酸味と甘みを感じます。

 

お水やお湯、炭酸水などで割ったりするのはもちろん、焼酎の炭酸割に入れ梅酒のように。牛乳やヨーグルトと割ってラッシーのように飲むのもおすすめです。かき氷のうえからシロップとしてかけたり、梅ゼリーや寒天を作りにも。豚の生姜焼きのお砂糖やみりんの代わりに梅シロップを入れてもとても美味しいです。さっぱりとした甘みが豚や鶏肉によく合い、梅の香りが食欲をそそります。

つくり手のこと

堀内果実園(奈良県五條市)

奈良県の南部、吉野地方で明治36年に開墾。柿や梅などの果樹を専門に栽培に取り組み、現在で6代目となる堀内果実園さん。

季節を通して果物と丁寧に向き合うから、美味しい果物が実る。そんな思いで、土づくりから剪定、摘蕾、摘果、受粉、収穫まで取り組んでいます。
美味しさにつながる一番のポイントは、土づくり。奈良・吉野の広大な山々の杉や檜など、この地ならではの資材を使って土壌をつくる農地はふかふか。そこにはモグラやミミズなども生息し、生態系の豊かな、いきいきとした土壌で果実を栽培しています。

春先には、吉野の山や農園にかわいい花が咲き誇ります。この時期にミツバチを放ち、円滑に受粉を進めます。そうして実った果実の、それぞれの熟す時期を細かに見分けながら、一粒一粒丁寧に手で収穫しています。
今が食べごろ、という果物の美味しいタイミングを見計らって加工原料にしているから、本来の果物らしい味わいを感じていただけるのです。