タイのなまけ者コーヒー 150g

商品情報

種類
900円(税別)
数量

種類を選ぶ

900円(税別)
数量
900円(税別)
数量

シナモンのような、ホッと落ち着く甘みと香り

タイの北部、チェンマイのカレン族が暮らす村から。

酸味も苦味も控えめ、スッキリした後味の、ホッと落ち着くコーヒーです。
シナモンのような甘みと香りが特徴です。

 

【生産地】タイ チェンマイ
【内容量】150g
【精製】フルウォッシュド
【焙煎】シティロースト(中煎り)
【品種】アラビカ種
【栽培】農薬化学肥料不使用

【パッケージ】村に伝わる、なまけ者についてのおとぎ話をイメージしました。果物のなる木の下で、なまけ者が昼寝をしている様子です。

「レイジーマン(なまけ者)」の由来

昔ながらの生活や文化を守り、「僕たちはなまけ者だから」と笑う、チェンマイにあるカレン族の村の人たち。

周りの村はほとんどが、森を切り開きプランテーションのとうもろこし畑に変えるなど、換金作物を大規模につくる農業へと移り変わっています。

そんななか、自分たちの村はどうありたいかを考えた際に、「森を守り、古くからの伝統的な暮らしを続けたい」という結論に至りました。

お米を自分たちで作って自分たちで食べ、森になる果物を収穫し、鶏を育てる。

今も自給自足を中心とした生活を送っており、そんな自分たちを「レイジーマン(なまけ者)」と呼んでいます。

「コーヒーは、僕たちの村と外の世界をつなぐ窓なんだ」

昔ながらの生活を送る彼らですが、こうも話します。

「伝統的な生活をいつまでも続けられるとは思っていない。でも外の世界に染まっていくのではなく、良い中間地点を目指したい。

私たちはコーヒーを通じて外の世界を見て、外の世界の人たちはコーヒーを通じて私たちのことを知ってほしい。だから私たちにとって、コーヒーは”窓”なんだ。」

 

自分たちを「なまけ者」と呼びながらも、コーヒーに想いを込めて向き合う理由がそこにはありました。

海ノ向こうコーヒーは、単に美味しいからだけでなく、そんな彼らを応援したいという思いから、取り扱いを開始しました。

「豆」を購入いただき、
ご自宅で挽いていただくのをオススメしています。

できるだけ美味しい状態で飲んでいただきたいので、海ノ向こうコーヒーでは豆のままでご購入いただき、ご自宅で挽いてから淹れていただくのをオススメしています。
挽いてしまうと、そこからコーヒーの鮮度は急速に落ちてしまいます。その都度挽いていただくのが一番美味しいお召し上がり方です。ミルをお持ちの方はぜひ、豆の方をご購入ください。
 
※一方で、できるだけたくさんの方に飲んでいただきたいという思いで、「粉」もご用意しております。