タイのなまけ者コーヒー 150g

商品情報

種類
972円(税込)
数量

焙煎度:中煎り
精製方法:ウォッシュド
苦味:●●○○   酸味:●○○○
フレーバー:黒糖、シナモンロール

栽培:栽培期間中農薬化学肥料不使用

※商品のパッケージは変更になる場合がございます。
※定期的なお届け(毎週・隔週)をご希望の場合には、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

商品情報

種類
972円(税込)
数量

焙煎度:中煎り
精製方法:ウォッシュド
苦味:●●○○   酸味:●○○○
フレーバー:黒糖、シナモンロール

栽培:栽培期間中農薬化学肥料不使用

※商品のパッケージは変更になる場合がございます。
※定期的なお届け(毎週・隔週)をご希望の場合には、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

レイジーマン(なまけ者)のコーヒー

タイ北部、チェンマイのカレン族の村からやってきたコーヒーです。

カレン族の人たちは、自給自足を中心とした暮らしを営み、自然とともに生きてきました。しかし近年、急速な経済発展や国の政策などの影響を受けて、その暮らしには大きな変化がもたらされています。そんななかで、伝統を大切にしながらも、現代にあった生き方を模索している農家さんたちがいます。それが今回のコーヒーをつくった「レイジーマンコーヒー」さん。森の樹々と農作物を共生させながら栽培するアグロフォレストリーという農法をとり、村の自給的な暮らしを大きく変えることなく、コーヒーで安定した現金収入も得る。代表のスエさんが地域を巻き込み、持続可能なビジネスにしていこうとしています。

「コーヒーは、窓なんだ」

写真右が、レイジーマンコーヒー代表のスエさん。スエさんは、自分たちのことを「なまけ者(レイジーマン)」と呼びます。カフェでギターを弾きながら、いつもこういいます。「僕はなまけ者なんだ。すぐそこに田んぼがあって、庭にフルーツがなっていて、コーヒーが育ってる。それで十分生きていけちゃうからね」

また、スエさんにとってコーヒーは、伝統と外の世界をつなぐ「窓」だといいます。カレン族の伝統を重んじながら、外の世界とも繋がることは大切だと考えているのです。

「伝統的な生活をいつまでも続けられるとは思っていない。でも外の世界にただ染まるのではなく、時間がかかっても良い中間地点を目指したい」と話すスエさん。それがレイジーマンの生き方。地域の未来を見据えて、じっくり取り組んでいこうという、スエさんの想いを感じながら味わっていただきたいです。

黒糖のような甘みのある、ほっとやさしい味わい

なまけ者コーヒーは、酸味がありながらも、黒糖のような甘みでほっとするやさしい味わい。苦味はほとんどありません。どこかスパイスのような香りも感じられ、黒糖やシナモンフレーバーのおやつとよく合います。

焙煎士なおさんからのメッセージ

ときがゆっくり流れているようなタイの村をイメージして、ほっとする味わいに仕上げました。

なめらかな質感で、私もお気に入りのコーヒーです。温度によって変化していく「甘み」をぜひ

ゆっくり味わってみてください。

ご自宅で豆から挽いて、挽きたての美味しいコーヒーをお楽しみいただくのがおすすめです

 
できるだけ美味しい状態で飲んでいただきたいので、ご自宅で豆から挽いて淹れていただくのをおすすめしています。
コーヒー豆は、挽いてしまうと、そこから鮮度が急速に落ちてしまいます。淹れる直前に豆を挽いていただくのが、一番美味しいお召し上がり方です。
ミルをお持ちの方はぜひ、豆の状態でご購入ください。コーヒーミルをお持ちでいない方向けに、ハンドミルとのセットもご用意しております。
 

商品詳細

・内容量 150g

・原材料 コーヒー豆(生豆原産国:タイ)

・賞味期限 お届け後150日保証

・保存方法 高温多湿を避け、涼しい場所に保管

・使用上の注意 開封後はできるだけ早くお召し上がりください