夏のアイスコーヒーブレンド 150g
  • 972(税込)
  • 972(税込)

焙煎度:深煎り
苦味 ●●●●
酸味 ●●○○
フレーバー ビターカラメル、スイートポテト
栽培:タンザニア、ミャンマー、インドネシアは栽培期間中農薬化学肥料不使用
ペルーは、病虫害発生時には必要な農薬を使用。肥料はできる限り有機肥料を使用。

 

・内容量 150g

・原材料 コーヒー豆(生豆原産国:ミャンマー、タンザニア、エチオピア)

・賞味期限 お届け後150日保証

・保存方法 高温多湿を避け、涼しい場所に保管

・使用上の注意 開封後はできるだけ早くお召し上がりください。

※パッケージの袋の色が、白色に変更になる場合がございます。

しっかりとした苦みとキレのあるコーヒー

夏限定・アイスコーヒーブレンドの季節がやってきました。

2022年は、昨年よりもキリっとシャープで、より苦味のある味わいに仕上がっています。

 

使用しているのは4種類のコーヒー。
しっかりした味わいでジューシーな酸味の、ペルー・アンデスブルー。
キレのある酸味と苦味の、タンザニア・チンパンジーを守るコーヒー。
余韻の甘味が特徴の、ミャンマーのレーカイン村コーヒー。
どっしりした重みのある、インドネシアのマンデリンコーヒー。

個性の異なる4種類を、酸味や苦味、甘味のバランスの良い味わいになるようにブレンドしています。

 

サーバーにたっぷりの氷を入れ、コーヒーをドリップ。パキパキっと氷の割れる音が心地よい。淹れたてアイスコーヒーは、香りやフレーバーがしっかりと感じられますよ。

美味しい淹れ方

アイスコーヒーブレンドは、氷を入れたサーバーに熱いコーヒーを落としていく急冷式で淹れるのがおすすめです。

おすすめのレシピをご紹介します。

 

グラス1杯(200ml)分のレシピ

 

■用意するもの

コーヒー粉20g(中細挽き)
お湯 約120ml(蒸らし分除く)
氷 80g

 

■淹れ方
①サーバーに80gの氷を入れ、ドリッパーにコーヒーの粉を20gセットする
②ドリッパーをゆすってコーヒーの粉を平らにならす

③コーヒーの粉がまんべんなく濡れるようにお湯を注ぎ、30~35秒蒸らす
④ドリッパーの中央に、のの字を描くようにお湯を50mlほど注ぐ

 *ゆっくりと、30秒かけて注ぐのがポイント

⑤同様に、70ml~80mlのお湯を1分ほどかけてゆっくり注ぐ
⑥お湯が全て落ちきる前にドリッパーを外します。
 サーバーに200mlのコーヒーができていれば完成です。

⑦グラスに注ぐ前に、味を均一にさせるため2~3回かき混ぜましょう。

 マドラーで混ぜたり、ゆっくりとサーバーを揺らしたりして混ぜます。

 

■ポイント
焦らずゆっくり注ぐことで、コーヒーの味わいを引き出しましょう。
最初にきちんと蒸らしをすると、コーヒーの甘みも出やすくなります。

 

 

もうひとつ、粉を水に浸す水出し方式で淹れる方法もあります。苦味も酸味もやわらかで、優しい味わいのコーヒーに仕上がります。
水出しには、「マイルドブレンド」がおすすめ。水出しボトルとコーヒーのセットもご用意しています。
詳細はこちらから