【特栽相当】りんご・品種おまかせ 1㎏程度(3~6個)/2kg程度(6~10個)
  • 1kg
    1,120(税込)
  • 2kg
    2,128(税込)

・お届け時期 2月中旬ごろまでを予定しております

・お届け内容 【特栽相当】りんご・品種おまかせ 1kg程度(3~6個)/ 2kg程度(6~10個)

・生産地 長野県

・品種 ふじ・シナノリップ・シナノレッド・つがる・シナノドルチェ・秋映(あきばえ)・紅玉・シナノスイート・陽光・シナノホッペ・シナノゴールド・王林・ぐんま名月など(お届け時期によって品種が異なります。品種はご指定いただけませんので、ご了承ください)※2024年1月以降は「ふじ」をお届けします

・栽培基準 特栽相当(特別栽培農産物相当) ※化学合成農薬の成分使用回数、化学肥料由来の窒素成分量が栽培地域で慣行的に使用されている量の半分以下です。詳しくはこちらをご覧ください

・ご注意点

‐花がついている時期の霜の影響で、色づきがまばらなものがございます。「さび」と呼ばれる症状ですが、食味には影響はございません。安心してお召し上がりください

信州のから美味しいりんご、まもなくお届け終了です

りんごの名産地・長野県から、美味しさがぎゅっと詰まったりんごをお届けします。

 

生産者さんの一軒、〈noon farm〉佐藤省吾さん・由佳さんをご紹介します。

noon farmは、長野県の北部・飯綱町にあるりんご農園です。飯綱町の年間平均気温は10.9度。これは、りんご栽培の理想と言われる10度に近く、昼と夜の寒暖差が大きいため、りんごの濃厚な味を生み出すのに最適な環境となっています。さらに4月から11月の降水量が少なく、太陽の光をたくさん浴びたりんごが育ちます。

 

実を虫害や傷から守り、着色や貯蔵性をよくするため、袋をかけて栽培されることの多いりんごですが、noon farmでは、本来の味わいを生かすため、袋をかけずに栽培しています。そうして太陽の光をいっぱい浴びて育ったりんごは、甘さが増し、香りもいっそうよくなるそうです。

 

おやつやデザートとしてそのままいただくのはもちろん、ポテトサラダや和え物などのお料理にも。

 

りんごは離乳食にもおすすめです。こちらの記事も読んでみてくださいね。
子どもと一緒に食べたい、旬のあれやこれ~りんご~

 

秋から冬にかけて、さまざまな品種のりんごをお届けしてまいりましたが、いよいよお届けも終盤です。今シーズンのりんご、どうぞ最後までお楽しみください。

りんごの品種と時期、およその目安

つがる、シナノスイート、秋映、王林、ふじ・・・品種によって、香りや味わいも少しずつ違います。それぞれの品種の個性をお楽しみください。

 

※2024年1月以降は「ふじ」をお届けいたします

りんごと農薬のおはなし

坂ノ途中からお届けするりんごは、化学合成農薬(以下、農薬)不使用ではありません。けれど成分使用回数は、その地域で使用される農薬の半分以下になっています。

なぜ、坂ノ途中は農薬を使ったりんごを取り扱うのか。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

なぜ農薬を使ったくだものを取り扱うの? りんごと農薬のおはなし

りんごの保存ポイント

到着後は新鮮なうちに、お早めにお召し上がりいただくのが一番ですが、少しの間保存する場合は、冷蔵庫の野菜室がおすすめです。ひとつずつラップに包んで密封すると、りんごから発生するエチレンガスによりほかの果物や野菜が傷むのを防ぐことができます。

りんごのおいしいレシピ

■甘酒アップルパイ

甘酒を砂糖の代わりに使い、りんごの本来の酸味と甘みを存分に楽しむアップルパイです。パイシートの上にのせるだけなので、簡単につくれますよ。

レシピはこちら≫

 

■焼きりんご

レーズンやシナモンと一緒に焼き上げて大人な風味に仕上げました。バニラアイスとの相性もばっちりです。

レシピはこちら≫

 

■りんごのレシピ

りんごのレシピをこちらでご紹介しています。どうぞお試しください。

りんごのレシピはこちら≫

 

スタッフの食卓

りんごを使ったスタッフの食卓をご紹介しています。のぞいてみてくださいね。

りんごの食べ方いろいろ≫