れんげ米の完熟味噌
  • 400g
    972(税込)
  • 700g
    1,512(税込)

~価格改定のご案内~

原材料費などの高騰の影響を受け、9月1日より価格を改定いたしました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

・名称 味噌
・原材料名 米(国内産(岡山県))、大豆(国内産(岡山県)、遺伝子組みかえでない)、食塩
・内容量 400g/700g
・賞味期限 お届け後60日保証
・保存方法 要冷蔵(10℃以下)
・製造者 あなみ株式会社(岡山県津山市)
・アレルギー 大豆

・栄養成分表示 (100gあたり)エネルギー186kcal/たんぱく質13.1g/脂質5.5g/炭水化物21.1g/食塩相当量13.0g
・ご注意点 

  • 時間の経過とともにお味噌の茶色が深みを増しますが、発酵が上手に進んでいる証拠です

上面に液体が浮かんでくる可能性がありますが、これは”溜まり”と呼ばれる旨味が凝縮された液体です。味噌に混ぜ込む事でさらに美味しくなっていきます

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準について、詳しくはこちらをご覧ください

・お届けについて

こちらの商品は、通年クール便にてお届けいたします。

2021年5月のお届けから宅配料金のうちのクール便の料金(259円)を坂ノ途中がお支払いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

れんげ咲く里のお米と大豆でつくる、完熟味噌

緑豊かな山々に囲まれ、清らかな水が流れる岡山県北部・津山の〈あなみ〉さんより、昔ながらの製法でつくられた完熟味噌をお届けします。

米麹と大豆がゆっくりと発酵することでつくり出される、豊かな味わいをお楽しみください。

自然のはたらきに沿った味噌づくり

1|自然にやさしい、材料選び

れんげや生き物いっぱいの田んぼ


お味噌の原料となる米麹と大豆は、地元・津山産。
米麹の元米は、れんげや雑草、生き物いっぱいの田んぼで育ったやさしい甘みの「津山れんげ米」。
大豆は、もちもちとした食感で茹でるとふっくら甘みのある白大豆を。
どちらも自然や生き物を大切にし、できるだけ環境に負荷をかけない農法でつくられています。
麹づくりは蔵付天然麹菌、仕込みの塩は沖縄の天然塩を使っています。

 

2|味噌蔵で天然熟成

右・1年目、左・2年目、真ん中・3年目の完熟味噌


完熟味噌とは、味噌蔵で二夏二冬、じっくりゆっくりと熟成させた味噌を言います。
杉樽に住み着いた麹菌や酵母が時間をかけてはたらき、深い旨味と芳醇な香りをつくりだします。
一般的なお味噌に比べると、やや高めの塩分濃度。この塩分によってしっかりと熟成をさせることができます。そうして、塩分はしっかりありながら、甘みのある味わいになるのです。

 

3|酵母が生きている生味噌

手作業の麹づくり


加熱やアルコール処理で発酵を止めていないので、酵素活性が持続し、善玉菌が元気に生きたまま体に届きます。

お野菜との相性抜群。まかないでも大活躍のお味噌

わたしたちが毎日楽しみにしているお昼のまかないでも「れんげ米の完熟味噌」が大活躍! まかない担当スタッフまゆさんに、味の特徴やおすすめの使い方を聞いてみました。

 

れんげ米の完熟味噌は、こくがあってまろやかな味わい。麹の甘みが感じられる、やさしい口あたりです。
お味噌汁はもちろん、煮込みや炒めもの、甘味噌和えや肉味噌、ドレッシングなど、毎日のお料理に幅広く使っています。

なかでもおすすめは、お野菜の味噌ディップ。麹菌が生きているので、ぜひ生のままで。お味噌だけでも美味しいけれど、マヨネーズと和えた味噌マヨネーズや、さらにお酢を加えた酢味噌マヨネーズも、とても美味しい。お野菜がいくらでも食べられます。うちの子どもも大好きですよ。
●まかない・レシピ担当 まゆ

れんげ米の完熟味噌のおいしいレシピ

■にんじんグリルと、にんにく味噌ソース

味噌がベースのこっくりとしたソースで、にんじんがまるまる1本ぺろりと食べられます。
ソースは、蒸したかぶや焼いたキャベツにつけても美味しいですよ。

≫レシピはこちら

 

■お野菜たっぷり、ちゃんちゃん焼き

たっぷりの野菜を味噌バター風味でいただきます。旬の野菜と魚で作ってみてくださいね。

≫レシピはこちら