海ノ向こうコーヒー
場所 ラオス、ミャンマー、バリ、タイ、雲南、フィリピン
開始 2016年
目的 美味しいコーヒーをつくることを通して、失われつつある豊かな森を未来につなぐこと
担当 安田 大志
作物 コーヒー、カスカラ
協力 Saffron Coffee、Genius Shan Highlands Coffee、Ephemera Traders

プロジェクトサイト

遠くに想いを馳せる、想像力を。

コーヒーカップの向こう側、遠く海の向こうにある産地に想いを馳せてみてほしい。美しい自然、そこに住む人たちの暮らし、そしてその未来。スペシャルティコーヒーは、クオリティ(おいしさ)がすべてと言われています。けれど、私たちはおいしさだけでなく、産地の抱える問題にも目を向けたいと考えています。

産地の抱える問題

私たちが今までに訪れたアジアのコーヒー産地は、それぞれに問題を抱えています。森林減少、若者の都市部への流出、農作物の価格競争……。
私たちは、環境やコミュニティに配慮しつつ、コーヒーを作る産地を応援したい。
そんな思いで、産地を定期的に訪れ、地域のニーズにあわせ、栽培方法や精製プロセスの見直し、資金面や販路構築のサポートを行っています。
コーヒーづくりを通じて、森林伐採の減少や山間地での雇用を生み出すことを目指しています。

altサンプル1
はじまりの地、ラオス

海ノ向こうコーヒーは、東南アジアのラオスにある古都、ルアンパバーンではじまりました。
実は、もともとコーヒーをつくろうとしていたわけではなく、現地で活動する人から「ラオスの森林減少の改善のために何か一緒にできないか」と相談を受けたことがきっかけでした。
現地を訪れて知ったのは、国の人口増加や農村部への貨幣経済の流入により、伝統的な焼畑農業のサイクルの加速、その代替農法としての大規模プランテーションが、森林減少につながっているということ。
森に目を向けると、大きな木々の間に小さなコーヒーの木が植わっていました。昔ヨーロッパの方が苗を配って育て方を伝えたものの、その後多くの木はほったらかしになっていました。
このコーヒーを、大きな樹の間、適度な日陰のもとで作物を育てる「アグロフォレストリー」という手法を用いてきちんと栽培・収穫し、品質向上に努めれば、森林を伐採することなく安定した雇用と収入を生み出せるのではないか……。
これが、海ノ向こうコーヒーのプロジェクトのスタートでした。

舞台はアジア各国へ

ラオスからはじまったプロジェクトはミャンマー、フィリピン、バリ、タイ、中国、ネパールなどの国や地域へと広がっており、今後も増えていく予定です。焼豆の販売だけでなくロースターの方たちに向けた生豆の販売も行なっており、全国のさまざまなお店で取り扱っていただいています。
そして私たちの手で焙煎もはじめ、「Seed to Cup(種からカップまで)」を目指し、日々スタッフが奮闘しています。
産地の人々に寄り添いながら、おいしいコーヒーを日本のみなさんに届けるべく、まだまだ成長途上の海ノ向こうコーヒー。
みなさんあたたかく見守って、応援してください。