坂ノ途中 放射性物質についての対策と考えかた

大震災・原発事故と坂ノ途中のこれまで

2011年3月11日の東日本大震災、それにともない発生した福島第一原子力発電所事故。
多くの尊い生命が失われ、たくさんの人に深い悲しみがつきつけられました。
そして、被害を受けることのなかった人たちにとっても、自分の生き方、とりわけ自然とのかかわりかたの問い直しが迫られました。
坂ノ途中では、深刻な被害に遭われた農家さんの関西への移転をサポートする「ハローファームプロジェクト」や、被災地域のお客さまへお野菜をお届けすることで、その被害と影響とに向き合ってきました。
2012年には放射線測定機を導入。提携農家さんの畑の土壌の測定を行い、原発事故の影響をわたしたち自身が正しく把握するための体制を整えてきました。

京都で原発事故と向きあう意味

震災から7年以上が経過しました。
今でも、福島第一原発事故の影響は、継続的に、散発的に顔を出してきます。
辛いことですが、それはこの先も続きます。
そして、わたしたちが本社を置く京都は、多くの原子力発電所が林立する若狭湾を北に構えています。大きな地震・津波によって原子力発電所のもつ脆弱さが明らかになったいま、このたびの事故を見つめる必要を強く感じています。
わたしたちは環境と密接にかかわる企業のひとつです。
自分たちにできることは大したことではないかもしれません。それでも、手の届く範囲で起きていることを把握し、誠実に考え、対応していこうと考えてます。

 

坂ノ途中の放射能検査体制について

提携農家さんの『土壌検査』を行っています

坂ノ途中は本社が京都にあり、西日本のお野菜、果物を中心に取り扱っています。
けれども、季節や作物の性質によっては、岐阜や長野といった中部地方や北海道のものをお客さまにお届けすることもあります。そのため、下記の対象地域(*1)の生産者さんと提携する際には、事前に土壌の放射性物質の検査を行っています。
検査の結果が、弊社の基準値(50Bq/kg)未満だった場合のみ、そのお野菜をお客さまにお届けします。万が一、土壌から基準値を超過する放射性物質が測定された場合、再検査を行います。再検査でも基準値を超える場合、そのシーズン(*2)、その生産者さんの農産物は取り扱いません

〈検査対象地域〉17都県
青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・茨城・栃木・群馬
千葉・埼玉・東京・神奈川・新潟・山梨・長野・静岡
(17都県のうち『お野菜セット』で取り扱う品目の産地は長野県のみです)

(*1) 食品中の放射性物質に関する「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」の改正
  (原子力災害対策本部策定)平成 29 年 3 月 24 日
(*2)シーズンとは、「作型」という意味です。品目により1年1作や2~3作のものがあります。
  基準値を超過した場合、1シーズン(1作型)の取り扱いを中止します。
  1年1作型   例:サトイモ、カボチャ、リンゴなど
  1年2作型以上 例:ホレンソウ、コマツナ、小カブ、ブロッコリーなど

 

 

きのこ類は、『全産地』の『きのこ』そのものを検査します

きのこ類(菌茸類)については、菌茸類の特性(下記参照)から17都県に関わらず全都道府県の『きのこ』そのものの残留放射性物質の測定を行います。検出限界は5Bq/kgを設定しており、そのうえで不検出の場合のみ、取り扱います。

菌茸類の特徴
①生産資材(ホダ木、菌床おがくず等)への放射性物質の影響
②菌茸類が比較的、資材・原木からの放射性物質を吸収しやすい(移行係数が高い)
 林野庁『きのこ原木及び菌床用培地等の当面の指標値設定に関するQ&Aについて、Q3』
 http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/shiitake/sihyouti2.html

 

よくあるご質問

Q. なぜ野菜ではなく土壌の検査を行うの?
坂ノ途中の提携農家さんは、年間50種のお野菜を栽培している方から、アスパラガスだけという方までさまざま。また生産地も、京都を中心に、沖縄から北海道まで広範囲に及びます。
そうして、私たちのところに届くお野菜は、年間数百種類。また、生産者さんには、季節感を大切にした栽培をお願いしているため、ほんの一時しか収穫できないお野菜も数多くあります。
こうしたことから、ひとつひとつのお野菜を検査しようとすると、莫大な費用と時間がかかるうえ、かなり断片的なサンプル検査にしかならないと考えました。でも、そのなかで自分たちができることをやろう、向き合っていこう、という想いで畑の土壌検査を行うことにしています。
原発事故直後は、農作物から検出される放射性物質は降下物の付着が主でしたが、いまでは土壌に含まれた放射性物質が根から吸収されるケースがほとんどだと考えられます。そのため、移行係数を考慮した土壌検査が有効であると考えています。

Q. 基準値の設定について
現在、土壌中の放射性物質に対して国による基準値の設定はありません。そこで、国が定める食品の基準値(*1)と土壌中の放射性物質の農産物への移行係数を考慮し、十分に安全と考えられる値を独自の基準値として定めています。農産物の移行係数は大きいとされる玄米で0.1、ジャガイモで0.067、その他農産物は0.05以下です(*2)。
参考
(*1)国の基準値
飲料水:10Bq/kg、牛乳・乳児用食品:50 Bq/kg、一般食品100 Bq/kg 
(*2)農地土壌中の放射性セシウムの野菜類と果実類への移行についてー農林水産省 
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110527.html
Q. なぜ検査対象地域を定めているの?
坂ノ途中では、2012年7月以降、提携農家さんから農地の土壌サンプルをランダムに集め、3つの核種(I131・Cs134・Cs137)を測定しました。その結果、検出限界10Bq/kgの条件下で放射能が検出されたサンプルはありませんでした。
検査対象地域とした17都県は、国の原子力災害対策本部により策定された、食品中の放射性物質に関する「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」(*2)をもとに定めています。地方自治体や企業による数万件を超える分析では、17都県以外の地域でも、青果物からわずかな数値が検出されたことがあります。ですが、その数値は非常に低く、検出された件数も過去数年で数件という頻度です。
参考
(*1)農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)ー農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html
(*2)食品中の放射性物質に関する「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」の改正(原子力災害対策本部策定)平成29年3月24日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000156399.html

Q. どういうときに検査を行っているの?
お取り引きをはじめる前に、検査を実施しています。

 

これまでの検査体制(2012年7月~2018年9月)

山田製油さんと坂ノ途中

京都のゴマ油メーカー、株式会社山田製油さんと共同で下記の分析機器を導入し、2012年7月より運用をしてきました。
導入にあたり、担当スタッフは専門的な講習を受け、「第3種放射線取扱主任者資格」を取得しました。それと同時に、東北や関東で既に開設されている民間の測定施設に直接足を運び、そこから得られた知見をもとに、スタッフ同士で機器の選定や運営の体制について話し合いました。それぞれ学んだことを持ちよって社内で勉強会を開いたり、農家さんと意見交換を行いながら、準備を進めました。また、大学等の研究機関に所属する専門家の人たち方々とも情報交換の機会を持ち、多くのアドバイスもいただきました。
時間と労力はかかりましたが、自分たちがまずしっかりと理解し、農家さんにもお客さまにもきちんとご説明できる体制を整えてきました。

導入機器
スウェーデン・Gammadata Instrument社製GDM-20。
GDMシリーズのなかでも高い精度を持ち、大学などの専門研究機関にも導入されています。 測ることのできるおよその最低値・検出限界も低く(理想的な環境下で90分測定した際、2Bq/kg)、原発事故の影響をしっかりと見極めることのできる機器です

 

これからの検査体制(2018年10月~)

6年にわたる共同検査体制により、農作物に関連した放射性物質について、わたしたちの当社の知識、認識はそれなりに蓄積されました。
自らが検査を行うことで、汚染の状況と、そのリアルを学ぶという当初の目的は達成されたと考えます。
(たとえば誤検出が相当に多いことを知りましたし、原体検査用にきのこをすりつぶすときには、ずいぶん切ない気分になりました)
2018年10月以降は、検査精度の向上を目的に、専門分析機関へ検査体制を移行して測定分析を行います。
委託先は、下記の基準をもとに選定した、全国の数か所の分析機関となります。

委託先 :第三者分析機関
測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクメトロメトリーによる核種分析法
検出限界値:5Bq/kg(土壌、きのこ)
精度管理:ISO/IEC17025:2005(認定項目:放射線測定)

 

お問い合わせ

放射線対策に関するお問合せは、お問い合わせページより、 内容に「放射線測定について」とご記入のうえ、お問い合わせください。

 

淡々と、前向きに、これからのこと。

ご存知のとおり、事故により漏出・拡散した放射性物質は、そっとしておけば消える、というようなものではありません。国を挙げてのモニタリングと対策は、この先も続きます。
坂ノ途中が活動している京都を含む近畿地方は、国内で最も原子力発電に依存している地域です。私たちはそのような社会、場所に暮らしているのに、エネルギー問題にそれほど深い注意を払ってはいませんでした。
そして事故が起こり、難しくてややこしい放射性物質・放射線がとても身近なものなってしまいました。
深く自省しなければなりません。
ウラン採掘の時点から原子力発電は多くの問題を抱えています。
原発事故の前から私たちは、原子力発電のもつ危うさや、一部の地域や未来に負担を押し付ける構造に対しもっと強く問題意識を持つべきでした。
自分たちの不勉強さを悔いる気持ちをもって、この先もいろんな角度から学び、考察していきます。お客さんや提携農家さんたちとも密にやりとりをしながら、最善の、できる限り納得できる対策のありかたをともに模索していきたいと考えています。
みなさんのご意見も、ぜひお聞かせください。