お米の味くらべセット(玄米・3種)[1回お届け]

商品情報

2,630円(税込)
数量

・お届け内容 玄米1kg×3種でお届けします。

京都八幡の石清水/そふぁらのコシヒカリ/松江はくちょう米/湖国いろどりあきつ米/津山れんげ米 など

※お米の種類はお選びいただけません。予めご了承くださいませ。

・栽培基準 栽培期間中、化学合成農薬、化学肥料は原則不使用

坂ノ途中の取り扱い基準についての考え方は、こちらをご確認ください。

・ご注意点    商品ページ下部をご確認くださいませ。

商品情報

2,630円(税込)
数量

・お届け内容 玄米1kg×3種でお届けします。

京都八幡の石清水/そふぁらのコシヒカリ/松江はくちょう米/湖国いろどりあきつ米/津山れんげ米 など

※お米の種類はお選びいただけません。予めご了承くださいませ。

・栽培基準 栽培期間中、化学合成農薬、化学肥料は原則不使用

坂ノ途中の取り扱い基準についての考え方は、こちらをご確認ください。

・ご注意点    商品ページ下部をご確認くださいませ。

一口ひとくち、お米の味わいを楽しんで

みなさんはどんなお米がお好きですか? 一つひとつ食べくらべてみると、つや、香り、弾力、甘み、旨み…… お米の味わいはさまざまです。

 

そんな違いを味わってみてほしくて、坂ノ途中のお米3種類を詰め合わせた「お米の味くらべセット」をご用意しました。

一口ひとくち噛みしめながら、味わってみてください。

 

気に入ったお米があれば、単品でお届けすることもできますよ。

 

■特集・おいしいお米 

お届けするお米の種類(一例)

|京都八幡の石清水(京都府八幡市)

日当たりと風通しの良い田んぼ

おいしいお米を探求する、職人が育てたお米
みずみずしくてつやがあり、見た目もうつくしいお米。甘みもありながらさっぱりとした上品な味わいです。「できるだけ自然に近い環境で、本当においしいお米を作つくりたい」と語る生産者の辻さん。米づくりには、情熱と創意工夫がたくさん込められています。数々の賞も受賞している、評価の高いお米です。

 

|そふぁらのコシヒカリ(滋賀県長浜市)

伊吹山の雪どけ水が流れ込む田んぼ

風味豊か、清らかな雪どけ水で育てたお米
香りがよく、旨みのつまった味わいと艶やかな炊き上がりが魅力のコシヒカリ。冷めても豊かな風味があり、おにぎりにもおすすめ。伊吹山の清らかな雪どけ水が流れ込む田んぼで、生産者のそふぁらさんが丹精込めて育てたお米。「誰もが安心して食べられる米づくりで、たくさんの人に元気と笑顔と健康を」というそふぁらさんの想いが込められています。

 

|松江はくちょう米(島根県松江市)

冬場にはくちょうが降り立つ田んぼ

はくちょうが育てた恵みのお米

はくちょうたちの自然の力を借りて、農薬や化学肥料に頼らない土づくりをした田んぼで育てられました。稲刈り後の冬の間、水をはっておくことで、
はくちょうたちが訪れ、土をかきまぜ、雑草を生えにくくしてくれるのです。香りが良くとても上品な味わいが特徴のお米です。

 

|湖国いろどりあきつ米(滋賀県草津市)

黄金色に輝く田んぼとクサツパイオニアファームのスタッフの皆さん

清流を感じる、みずみずしく旨味のあるお米

蛍が見られるほどきれいな水が流れる地域の、彩り豊かな田んぼで育まれたコシヒカリです。もっちり食感でみずみずしく、噛めば噛むほどにお米らしい甘さを感じます。「食べる人にも作る人にも身体によいものを」という想いから、化学合成農薬や化学肥料を用いず、自然や生き物にもやさしい農法で育てられたお米です。

 

|津山れんげ米(岡山県津山市)

春にれんげが咲く田んぼ

れんげ咲く里の、やさしい甘みのお米

れんげや雑草、生き物いっぱいの田んぼで育った、やさしい甘みが特徴のお米。ふっくらと炊き上がり、もちもちとした食感が感じられます。生産者の中尾さんは「健康な体はきれいな環境と正しい食から。自然の法則に従った生活を」を合言葉に、40年ほど前から自然にやさしい米づくりをされています。

 

|晴れの国の朝日米(岡山県倉敷市)

「朝日米」を受け継ぎ、守り続けている、生産者の山﨑さん

岡山で古くから愛されてきた、朝日米

「朝日米はしっかり噛んでこそ美味しさがわかる。派手さはないけれど、ひと口ひと口お米を味わって食べたい方に喜んでもらえると思う」と生産者の山﨑さん。大粒で粘りがつよく、噛むごとにやさしい甘さを感じるお米です。

 

※3種類のお米を詰め合わせでお届けします。

※お米の種類はお選びいただけません。予めご了承くださいませ。

※こちらに掲載していないお米をお届けすることもございます。

ご飯をおいしく食べるレシピ

おいしいご飯がさらにすすむ、お野菜をたっぷり使ったレシピをご紹介しています。つい、ご飯をおかわりしたくなります。


■ご飯がすすむ、お野菜レシピいろいろ

ご飯がすすむ、お野菜レシピいろいろ

ごいっしょに、ご飯のおとも

ご飯によく合う「おとも」がせいぞろい。食卓にあると、ご飯の楽しみがもっと広がります。ほかほかのご飯といっしょにどうぞ。

 

■ご飯のおとも

ご飯のおとも

ご注意点

■玄米の調整年月日について

玄米には裏面の品質表示ラベルに調整年月日を記載しております。

調整年月日とは、農家さんがもみすりをした日付のことです。

もみすりとは、稲もみからもみ殻を取り除いて玄米にする作業のこと。

年に1度のお米の収穫に合わせてもみすりをする農家さんが多いため、調整年月日には稲刈りのころの日付が記載されていることがほとんどです。

玄米は、白米と違って、長期保存してもほとんど劣化しませんので、調整年月日に古い日付が記載されていても品質には問題ございません。

 

■未検査米について
未検査米とは、品種や銘柄についての農産物検査を受けていないお米のことです。品種銘柄検査を受けていないと、品種名、産地、産年を袋に記載できないというルールがあります。

誤解に気をつけていただきたいのですが、この検査は、食味や農薬使用の検査ではありません。ですから、検査の有無によって品質が変わるということはありません。

坂ノ途中では品種銘柄検査を重視しておらず、見かけることの少ない品種のお米や、農家さんが自家採種されているお米、「検査にお金使うのはイヤやわ」というポリシーの農家さんのお米については、未検査米を扱うこともあります。

 

■小石や種の混入について
坂ノ途中がお取り引きしているお米農家さんやその精米所は大規模とは言えません。大手の精米所で用いられるような高性能な選別機を使用していないことがほとんどです。そのため、丁寧に選別はしているものの、稲刈り時の小石や、クサネムと呼ばれる雑草の種(小さな黒い粒)がお米に混ざってしまうことがございます。
お米の品質には問題なく、お米を研ぐ際に取り除いてお召し上がりいただければと思います。気になる状態でしたら、お手数ですがご連絡くださいませ。

 

■お米の保存について

虫などの侵入を防ぐために倉庫の管理や選別機でのチェックを丁寧に行っていますが、まれに「コクゾウムシ」と呼ばれる虫がお米の中に入り込んでしまうことがございます。
虫は、畑ではなく収穫後に侵入し、お米に産卵して増えていきます。虫が侵入したお米がひと粒でも入ってしまうと、特に常温保存では短期間で増えてしまうことがございます。
気温が25度を超えると活動が活発化し、お米の中から羽化しますので、気温の高い時期は必ず冷蔵庫で保存し、できるだけ短期間で(お届けから30日を目安に)お召し上がりくださいませ。