なりゆき農園の古代米(黒米) 200g
収穫前のようす
収穫前のようす
ごはんが色づきます

商品情報

600円(税別)
数量

商品情報

600円(税別)
数量

手づくりの黒米

農薬不使用・無施肥・手植え・手刈り、
天日干しでじっくり干した黒米です。

育てたのは、やまのあいだファームのスタッフなど、
京都府南丹市の農村振興プログラムに関わる人たち。
田植え、草取り、収穫、天日干し、脱穀、
そのほとんどを、機械の力を借りず、人の手で行いました。

 

人の力だけでお米を育てるのはとても大変です。
このお米には、かつて営まれていた米作りの風景を残したい、
そんな思いも込められています。

なりゆき農園という、ちょっと緩い感じの屋号は、
なりゆきで米作りをすることになってしまったから、だそうです。
今後の活動も、なんだか楽しみですね。

黒米の召し上がり方

黒米は、白米に1割ほどを交ぜて炊飯すると、全体が色づいてもっちりと風味豊かに炊きあがります。
黒米は1時間ほど浸水、白米は通常に浸水、それを混ぜ、少し水を多めにして炊いてください。プチッとした感じが美味しいですが、気になるという方は黒米の浸水時間を長くしてください。

 

※黒米は農薬を用いずに育てられています。気温が20℃を超えると、虫が発生しやすくなりますので、涼しい場所で保管してください。

南丹農村振興プログラム・てしごとの日

なりゆき農園の古代米(黒米)は、坂ノ途中の自社農場やまのあいだファームのスタッフも所属している、京都府南丹市の農村振興プログラム「てしごとの日」の活動で育てられました。
「てしごとの日」では、みなさまの手しごとを共有しています。

ご興味のある方はぜひFBページを覗いてみてくださいね。

◆てしごとの日:FBページはこちら