焙煎ごま油
無濾過のごま油です

商品情報

サイズ
大 275g
1,600円(税別)
数量

サイズを選ぶ

大 275g
1,600円(税別)
数量

ウガンダの大地が育んだ香ばしい風味

ウガンダの力強い大地と農家さんたちの努力が育んだごまを、京都・山田製油の職人技で加工。

ごまを焙煎し、搾油するだけのシンプルな工程で作られているため
香ばしさが引き立つごま油に仕上がっています。

野菜と和えてナムル風、お味噌汁などに入れてもおいしいです。
無濾過のごま油ですので、底にオリがたまります。混ぜてご使用ください。

 

【生産地】ウガンダ共和国
【内容量】275g

それぞれの地域にあった活動を

坂ノ途中では2012年-2017年の間、
ウガンダで有機農業を普及させる活動を行っておりました。

 

■ウガンダオーガニックプロジェクト
ウガンダの気候や土質、歴史文化などの文脈に沿った農産物の栽培を通じ、
環境負荷の低減と農村部の所得向上を両立させることをミッションとし、
ごまやバニラビーンズ、シアバターなどの販売を行ってきました。

 

現在は主担当の宮下が現地で設立したCOTS COTS LTD.が事業を承継しています。

アフリカのごまを、日本で食べる理由

日本は世界でも有数のごまの消費国ですが、その消費量の大半を輸入しています。ごまは乾燥した気候を好み、収穫後の選別に大変な手間を要することから、途上国のほうが向いている作物だからです。
“ごま好き”の日本が遠い産地のことを思いやり、適切な価格でごまを買い支えることには大きな意義があるのです。

 

土づくりから収穫まで、ともに悩み、ともに取り組む。

 

乾燥に強く、やせた土地でも農薬や化学肥料に頼らず育てることができるごま。適切な栽培方法を普及することで地域の環境保全と農家さんたちの収入向上を両立できるよう、現地に密着して一緒に栽培に取り組みました。

 

“適地適作”で農業を持続可能に

 

その土地の気候や土壌の性質などの条件に合った作物を選んで育てることは、余分な資源やエネルギーの浪費を防ぎ、環境への負荷を小さくすることにもつながります。
坂ノ途中ではこれを“適地適作”と呼んでいます。適地適作の実現のためには、消費地とのよい関係の中で作物がきちんと流通し、安定して売れていくことが不可欠です。