濃厚じゃがいもと玄米のスープ 150g×3箱
1,080(税込)

・名称 スープ

・原材料名 野菜(じゃがいも(長野県産)、たまねぎ)、牛乳、クリーム(乳製品)、玄米(長野県産)、食塩(一部に乳成分を含む)

・殺菌方法 気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌

・内容量 150g

・賞味期限 お届け後90日保証

・保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください

・販売者 のらくら農場(長野県佐久穂町)

・取り扱い基準 坂ノ途中の加工品取り扱い基準についての考え方は、こちらをご確認ください

 

とろりと濃厚、やさしい味わい

信州の雄大な山々に囲まれた長野県佐久穂町で農業を営む〈のらくら農場〉さんから、自社農場で採れた野菜や玄米でつくる、レトルトスープをお届けします。

 

原材料は、じゃがいもと玉ねぎ、玄米、乳製品、天日塩のみ。野菜そのものの旨みを引き出す、シンプルな味付けです。
スープのメインとなるじゃがいもは、味わいの濃い「キタアカリ」。旬の時期は坂ノ途中のお野菜セットでもお届けしています。収穫後、ムロで貯蔵する間にでんぷんが糖に変わり、甘みが増したものをたっぷりと使います。

 

袋入りのレトルトスープなので、湯煎、または器に入れて電子レンジで温めるだけで、手軽に召し上がれます。
とろりと濃厚で、玄米のつぶつぶ食感がアクセントに。

小さなお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、幅広い年代の方に楽しんでいただけます。

 

 

料理をする時間がないときは、パンとスープでほっと一息。
風邪をひいたときや、からだを労わりたいときにも、やさしく包み込んでくれるような、滋味深い味わいです。
そのまま召し上がるのはもちろん、このスープをベースにして、カレーやシチュー、パスタをつくるのも、のらくら農場さんのおすすめです。

つくり手のこと

のらくら農場(長野県佐久穂町)

(左:のらくら農場萩原さん 右:坂ノ途中鈴木)

 

長野と山梨を南北にまたぐ八ヶ岳の北斜面、標高1000mの土地にのらくら農場さんの畑はあります。代表の萩原紀行さんは千葉県で生まれ育ち、会社員として働いていましたが、自身の体調の変化をきっかけに農業を志すようになり、1998年、妻の幸代さんと長野県八千穂村(現佐久穂町)に移住し、のらくら農場をはじめました。

ここでは、年間およそ60品目の野菜を農薬や化学肥料に頼らず、理論的に考えながら栽培しています。夏は肉厚のピーマンやみずみずしいズッキーニ、冬は甘いかぶやシャキシャキの長いもが人気のお野菜です。 

もともとふたりではじめた農場も、今では仲間が増え、夏のハイシーズンには20人近くのスタッフがともに働いています(なかには、坂ノ途中の元スタッフも)。ここでの経験をもとに、独立して就農する人も多く、ひろがる輪が今後も楽しみな農場です。