ホーム > 農家さん紹介

農家さん紹介

自社農場「やまのあいだファーム」
自社農場「やまのあいだファーム」
坂ノ途中では2013年秋より、自社農場「やまのあいだファーム」の運営をはじめました!
農薬や化学肥料、有機肥料を使わず、耕すこともしないという、とても自然に近いスタイルの農場です。
(一般的に、自然農や自然栽培と呼ばれることが多いスタイルですが、農地のコンディション等に合わせて、油カスを用いることがあります)
生き物いっぱいの畑で時間をかけて育つお野菜は、力強い味わいが持ち味。
提携農家さんのお野菜と一緒に、「やまのあいだファーム」で育ったお野菜もお届けいたします。
畑の様子は、農業女子あかねぽんのブログ「やまのあいだファーム便り」でチェックしていただけます!
やまのあいだファーム便り

伊賀ベジタブルファーム株式会社 伊賀ベジタブルファーム株式会社
(三重県伊賀市)
おいしい野菜の生産はもちろん、地域の有機農業化の推進や、野菜を使った加工品づくりにも取り組む、アイデアとチャレンジ精神がいっぱいの農園。
赤穂 達郎さん 海佳(みか)さん 赤穂 達郎さん 海佳(みか)さん
(京都府木津川市)
娘の誕生をきっかけに食への関心が高まり、無施肥でじっくりと栽培された野菜に感動。自分が作る側になろう!と就農を決意。達郎さんは赤目 自然農塾で勉強し、海佳さんは愛知の自然栽培農家さんに通い詰めじっくり学び、就農。固定種の野菜を中心に少量多品種栽培している。
眦弔気鶲豌 眦弔気鶲豌
(京都府京都市)
家族ぐるみで無農薬・無化学肥料栽培を実践しつつ、農業体験希望者も受け入れ、食べる人との関わり方も模索中。見た目や味が珍しい野菜にも次々挑戦しています。
山本さん一家 山本さん一家
(京都府京都市)
大阪でのサラリーマン生活から転身、大原で新規就農。就農後にご結婚された奥さまと、愛息と一緒に日々チャレンジ中。愛息は3歳にして作業を手伝える、将来が楽しみな才能の持ち主!
大渡さん夫妻 大渡さん夫妻
(京都府京都市)
2011年3月の原発事故までは、北関東で農業法人に勤務。「安心して食べられる野菜をつくりたい」と移転を決意。坂ノ途中が行う被災農家さん移転支援事業「ハローファームプロジェクト」を利用して、2011年秋に京都に移転!夫婦で力を合わせて日々いろいろな野菜に挑戦しています。
ファーム・ムロ ファーム・ムロ
(京都府南丹市)
“ムロさん”こと室田さんの確かな技術と、まさみさんの繊細なセンスが組み合わさって生みだされる野菜は、味も見た目も抜群。野菜そのものの持っている雰囲気がなんとなくかわいらしいと評判です。
株式会社グリーンワーム21 株式会社グリーンワーム21
(奈良県宇陀市)
おいしい野菜だけでなく、未来の有機農業の担い手である研修生たちもぐんぐん成長している農園。珍しい西洋野菜や、奈良の伝統野菜にも力を入れています。
オーガニックNICO オーガニックNICO
(京都府京都市)
2025年までに有機農業普及率を25%以上にする、「ニコニコ運動」を展開中!エンジニアとして働いた経験を活かして理論に裏打ちされた方法を実践し、品質・生産量の向上・安定のための取り組みを続けています。
手塚等史さん 手塚等史さん
(大阪府枚方市)
「自然の恵みを活かす農業を実践することで、荒れゆく里山を守りたい」という思いから就農。肥料には落ち葉や刈り取った草などの山の資源を利用。畑を包む澄んだ空気は、自然との関係のありかたを教えてくれるようです。
神川健太さん 神川健太さん
(兵庫県丹波市)
グリーンワーム21での研修を経て、丹波の地で2012年から独立。新しい環境と真正面から向き合いつつ、地域の方々とも交わりながら、自分の農業のスタイルを模索中です。
小西さん夫妻 小西さん夫妻
(京都府綾部市)
サラリーマン生活をしながら家庭菜園を始める。綾部市志賀郷の里山風景に魅せられ自然に近い農業を志して移住。自分たちがおいしい!と思えるお野菜作りを目指しています。
堀悦雄さん 堀悦雄さん
(京都府南丹市)
里山に囲まれた生きものいっぱいの田んぼで古代米を栽培。より自然に近い農業を追求した結果、有機肥料すら一切加えず、土が本来持つ力だけで育てるスタイルに。「米つくるの好きやから、いつまでもできるように体鍛えてんねん!」と笑うパワフルな60歳。
あおぞら農園・亀井喜代美さん大輔さん親子 あおぞら農園・亀井喜代美さん大輔さん親子
(鳥取県八頭町)
息子の大輔さんと親子で農場を営んでいます。「野菜は僕の足音を聞いていますので手は抜きません!」という丁寧な姿勢で育まれたお野菜はどれも瑞々しくジューシー。坂ノ途中スタッフにもファンが急増中です。自家採種にも積極的に取り組んでいます。
穂谷自然農園 上武治己さん 穂谷自然農園 上武治己さん
(大阪府枚方市)
地質を調べるお仕事をしていた上武さん。仕事柄、土が痩せているのを目にする機会が多かったことが、農薬や化学肥料に頼らず環境への負担の小さい農業をしてみよう!と思ったきっかけ。援農ボランティアの受け入れなどをしながら、穂谷地区を「有機の里」にすべく奮闘しています。
---
X