今週のレシピ:七草がゆ

2018.01.06 | category: まかない・レシピ | tag: ,

こんにちは、広報くらたです。

明けましておめでとうございます。今年もおいしい野菜をお届けできるよう、頑張ってまいります!

年始初回は、セットでお届けする七草と、七草がゆのご紹介です。七草がゆ、とても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。お味噌汁で食べるのもおいしいですよ。

 

春の七草

今週7日は、「人日(じんじつ)の節句」。桃の節句や端午の節句に並ぶ五節句のひとつです。

古代中国ではこの日七種の菜の煮物や汁物を食べ、無病息災を願っていました。一方日本では、お正月に野原の若菜を摘んで

食べる風習が、また、1月15日には七種の穀物で作ったおかゆを食べ五穀豊穣を願う朝廷行事がありました。

中国の人日の節句と日本のお正月、ふたつの風習が合わさって、いつしか7日に七草がゆを食べるようになったそうです。

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)」の七草はそれぞれ、消化を助ける、風邪を予防するなどのはたらきがあるとされ食べられてきた、いわば日本のハーブです。

昔の人の生活の知恵が詰まった七草がゆ。年末年始で疲れた胃腸を優しく労わってくれますよ。

 

七草がゆ

1) 米を研いで鍋に入れ、約5〜8倍の水を入れる。

2) ふたをして強火にかける。沸騰したら弱火にして、ふたをずらして30分ほど炊く。
粘り気が少なくてさらっとしたおかゆにするために、出来るだけ混ぜないように。
水分が蒸発してしまったら、水を足して好みの固さにする。

3) 塩ひとつまみと、刻んだ七草を入れ、蓋をして七草に余熱で火を通す。

※できれば土鍋のような厚みのある鍋で作ってください。火のあたりが柔らかくなるため、お米がふっくら炊き上がります。

 

***

 

それでは、また来週!



坂ノ途中だより:春の七草

2017.01.06 | category: まかない・レシピ | tag: ,

あけましておめでとうございます!

2017年もみなさまにおいしい野菜たちをお届けできるよう、頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

今週7日は、「人日(じんじつ)の節句」。桃の節句や端午の節句に並ぶ五節句のひとつです。古代中国では、この日に七種の菜の煮物や汁物を食べ、無病息災を願っていました。

一方日本では、お正月に野原の若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習が、また、1月15日には七種の穀物で作ったおかゆを食べ五穀豊穣を願う朝廷行事がありました。

中国の人日の節句の風習と日本のお正月の風習が合わさって、7日の節句に七草がゆを食べるようになった…と言われています。「七草」が今の7つに固まったのは鎌倉時代のことで、十二種類以上入れていた時代もあったそうです。

今週は、この「春の七草」をご紹介!おかゆはとっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

キョードースタッフ原田の今週のレシピは、お餅と大根を使ったアレンジ料理。こちらもご覧くださいね。

 

***春の七草***

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・春の七草」。

健康と豊作を祈って食べる七草がゆは、昔の人の生活の知恵が詰まったもの。年末年始で疲れた胃腸を優しく労わってくれます。

地域によっては、お味噌汁にすることもあるそうです。

①せり

水辺に育つセリ科の植物。消化促進や解熱効果があるとして食べられてきました。

独特の爽やかな香りによる食欲増進も◎

 

②なずな

「ぺんぺん草」の名でおなじみ。

江戸時代は冬の貴重な青菜として、肝臓や高血圧に効く薬草として、虫よけとして、広く使われていました。

 

③ごぎょう

のどの不調や咳止めに効くと古くから使われてきた薬草です。

明治時代ごろまでは、蓬のかわりに草餅の材料にも使われていました。

 

④はこべら

今は「はこべ」という呼び方が一般的。

昔から腹痛薬や歯磨き粉として使われていました。

 

⑤ほとけのざ

キク科の植物。春に紫の花を咲かせるほとけのざとは別物です。

胃腸を整え、食欲を増進させるはたらきがあると言われています。

 

⑥すずな

アブラナ科の野菜、カブの別名です。

胃腸の消化を助けてくれる消化酵素、免疫力を高めるビタミンCが含まれています。風邪予防に◎

 

⑦すずしろ

アブラナ科の野菜、ダイコンの別名です。

すずなと同じく消化酵素やビタミンCが豊富で、胃に優しい野菜の代表格。葉の鉄分は野菜の中でもトップクラス!ぜひ葉も根も食べてくださいね。

 

***七草がゆの作り方***

[1]米を研いで鍋に入れ、約5〜8倍の水を入れる。

[2]ふたをして強火にかける。沸騰したら弱火にして、ふたをずらして30分ほど炊く。
粘り気が少なくてさらっとしたおかゆにするために、出来るだけ混ぜないように。
水分が蒸発してしまったら、水を足して好みの固さにする。

[3]塩ひとつまみと、刻んだ七草を入れ、蓋をして七草に余熱で火を通す。

※できれば土鍋のような厚みのある鍋で作ってください。火のあたりが柔らかくなるため、お米がふっくら炊き上がりますよ。

 

***

今週のレシピ:大根と餅のふわふわチーズ焼きのレシピも合わせてご覧くださいね。

それでは、また来週!



X