きりっとした酸味があり、果肉まであざやかな色合いがうつくしい、奄美すもも(がらり)。
固いうちは生で食べると酸味が強く、皮は少しえぐみを感じることもあるので、シロップや果実酒などに加工するのがおすすめです。今回はその酸味を活かして、ジャムにしました。

◆材料
奄美すもも(がらり)1kg
マスコバド糖 400g程度(ない場合はお好みの砂糖でかまいません。果肉の重量の40~60%が目安)
レモン果汁 小さじ1
水 100ml程度(1/2カップ)

◆つくり方
1)奄美すもも(がらり)は洗って、皮がついたまま半分に切ります。(種もついたままでかまいません)

2)鍋に奄美すもも(がらり)を入れ、半量のマスコバド糖と水を加え、中火にかけます。

3)奄美すもも(がらり)から水分が出てくるので、焦げ付かないようにかき混ぜながら煮ます。

4)とろみがでてきたら火を止めて、種を取りのぞきます。

5)もう一度火にかけ、残りのマスコバド糖とレモン果汁を入れ、かき混ぜながら煮詰めます。お好みの固さになったら完成です。熱いうちに殺菌した瓶に詰めます。


 

坂ノ途中の旬のお野菜セット[定期宅配]はこちらから