こんにちは、広報くらたです。
今週は、わらびのレシピをご紹介します。
山菜の中では身近な印象のわらび。でも生の状態から料理したことはない、という方も多いのではないでしょうか。
わたしは去年初挑戦したのですが、スーパーなどで売られている水煮とはまったく違う独特の味わいと食感に「わらび観」がひっくり返りました!
今週のレシピはアク抜きして漬けるだけ。ぜひお試しください。
わらびは鮮度が落ちるのがとても速いです。届いたらなるべく早くアク抜きしてくださいね。
 

わらびの1本漬け(醤油漬け)


1)わらびのアクを抜く。
わらび1束(100g)の根元の固い部分を切り落とし、バットなどに広げて入れる。
※穂先は苦味が強めなので、気になる場合は取り除いてくさい
2)付属の灰(約10g)をふりかける。
上から熱湯を注ぎ、そのまま8時間以上置いておく。
※置いたあと、使う前に灰と水をよく洗い流してください!
3)漬け汁を作る。
酒大2、みりん大1を煮切る(ひと煮立ちさせてアルコールを抜く)。
醤油大2と昆布2センチ角を加える。※醤油:酒:みりん=2:2:1
4)漬け汁にわらびを漬けこむ。1日〜経って味がなじんだらできあがり。
食べる時に、生姜のすりおろし少々をトッピングする。

***

わらびを切らずに1本のまま漬け込みました。そのまま盛り付けるとインパクトがあります。
お好みで、漬けこみ時間を短縮したい場合などは、食べやすい長さに切ってから漬けこんでくださいね。
わらびのちょっとぬるっとした食感がおもしろいです。ごはんのお供やおつまみにも◎