こんにちは、広報くらたです。
青首大根、紅大根、聖護院大根、ビタミン大根、紫大根…と大根がおいしい季節です。
今週は、大根の料理で捨ててしまいがちな、「皮」を使ったレシピをご紹介します。ピーナッツを加える、いつもと一味違うきんぴらです。キョードーのはらだが考えました!
 

大根の皮としめじのピーナッツきんぴら


1)厚めにむいた大根の皮150gを千切りに。しめじ100gをほぐす。
ニンニク1/2片をみじん切り。大根の葉っぱ(もしあれば)を刻む。
ピーナッツ(正味20g)は、殻付きの場合は殻から外す(薄皮はついたままでOK)。
※写真では、青首大根の皮に紅大根の皮をミックスしました。
2)フライパンに油少々とニンニクを入れて弱火にかける。
ニンニクの香りが出たら大根の皮としめじを入れ、さっと炒める。
火が通ったらみりん大1と醤油大1、ピーナッツを加え煮汁を飛ばしながら炒める。
仕上げに大根の葉を加え、塩少々とタバスコ少々で味を調えてできあがり!
***
ピーナッツの食感がアクセント。仕上げにタバスコを入れると、ちょっとおしゃれな味わいになります。
カラフルな大根の皮や大根の葉を入れると、色鮮やかで華やかな、普段使わない部分を使って作ったとは
思えない仕上がりになりますよ。
ブログでは大根のレシピもご紹介しています!あわせて作ってみてくださいね。
大根ステーキ、まろやかキムチ味噌のせ
大根と餅のふわふわチーズ焼き