数日前に東京も梅雨明け。すっかり夏模様になりました。
今日7月30日は「土用の丑の日」。
土用の丑の日=うなぎを食べる日と定着したのは江戸時代のことですが、それ以前から、「『う』のつくものを食べると病気にならない」という言い伝えがあったそうです。
『ウ』リ科の野菜が大集合!のレシピをご紹介します!
***いろんな瓜とミントのマリネ*** ヨヨギのはらだが考えました!
(野菜合わせて400g位分のレシピです)
【材料】
・キュウリ
・ズッキーニ
・コリンキー
・塩
・ミントの葉 10枚程度
・オリーブオイル 大さじ1
・りんご酢 大さじ1
・はちみつ 大さじ1/2
1、キュウリの皮をむいて縦半分に切り、5mm程度の厚さに斜め切りにする。ズッキーニはところどころ皮をむいて、縦半分に切ったあと薄切りにする。(大きい場合は種を取る)コリンキーは種を取って薄切りにする。
2、キュウリ、ズッキーニ、コリンキーを合わせ、重量の2%の塩を揉み込んでしばらくおく。
3、2の水気を絞る。刻んだミント、オリーブオイル、りんご酢、はちみつを和える。塩少々で味を整えて出来上がり!

●ひとくちポイント
瓜の青っぽい香りとミントの爽やかな香りはとってもよく合います。
今回はキュウリ、ズッキーニ、コリンキーを使いましたが、鈴カボチャなども合います。野菜の種類は少なくてもOK!
オリーブオイルをごま油に、ミントを紫蘇に、はちみつを砂糖に変えると和風な雰囲気のマリネに。こちらもオススメです。
***
ぜひお試しください!