スタッフ紹介

小野 邦彦: 代表取締役

小野邦彦

奈良県生まれ。京都大学総合人間学部卒業。
学生時代はアンティーク着物にハマったり、休学してアジア圏を旅行したりと、
好きなことばかりしていた挙句、専攻していた文化人類学の奥深さに気づき、
ラスト一年だけちゃんと勉強する。
そんな日々の中で、自分が本当にしたいことは人と自然環境との関係性を問い直すことなのだと思い至り、
有機農業にその可能性を見出す。
2年余りの外資系金融機関での”修業期間”を経て、2009年株式会社坂ノ途中を設立。

「坂ノ途中の考えていること」はコチラ

平松 ようすけ: 取締役(物流/農家さんや法人顧客とのやりとり)

平松ようすけ

奈良県生まれ。代表の小野とは高校の同級生。
自身のアトピー性皮膚炎との戦いから、食への強い関心を持ちながら育つ。
大阪教育大学を卒業後、幼稚園教諭として働く中で、子どもたちのアレルギーや偏食に危機感を持つ。
何か自分でアクションを起こせないかとぼんやりと思っている時に、小野に事業ビジョンを解説され共感。
坂ノ途中の立ち上げに加わる。車の運転大好き。


片山 大: 取締役(IT軍団/オペレーション)

片山 大

福井県生まれ、5人兄弟の長男。京都大学大学院情報学研究科修了。
株式会社NTTデータを経て、坂ノ途中に入社。趣味は料理とカメラ。
夜になるとオフィスのキッチンで麻婆豆腐や寿司など、あれこれ料理を作り始める。
エンジニアとして坂ノ途中に入社したはずなんだけど、
「片山さん、おなかすいたんですが」と言われたりしている。


田中 栄一郎: IT軍団

田中 栄一郎

広島大学総合科学部卒業。株式会社ワークスアプリケーションズを経て現職。
Webショップや業務システム構築を担当するIT軍団の1人。
2児のパパ。独身が多い坂ノ途中では貴重な家庭の風をふかす。
餅つきに習熟している。


松田 明日香: Webマーケター

松田 明日香

立命館大学国際関係学部卒業、リクルートを経て現職。
webをつかって日本中の人々に野菜のことや農家さんのことを知ってもらえるよう日々奮闘中。
お酒と音楽と植物が好き。たぶん坂ノ途中で1番お酒に強い。
朝起きるのって難しい。


狩野 綾乃: 経営管理

狩野 綾乃

学生時代は網走にある東京農大オホーツクキャンパスでホタテの香気成分を研究。
そのあと、ハワイで白菜やキャベツを栽培したのち坂ノ途中に入社。
店舗販売、出荷、農家さん窓口と様々な業務を担当したのち、
意外と数字に強いことが判明して現職。会計楽しい。


倉田 優香: 広報

倉田 優香

京都大学大学院人間・環境学研究科修了。
小野の研究室の後輩。学生時代は沖縄やカンボジアで職人のライフヒストリーの聞き書きを積み重ねた。
NECを経て坂ノ途中に入社。「なんか文章書くの上手そう」と小野に言われて現職。
社内外で複数の連載記事を書きつつ、東京の店舗では販売スタッフのサポートも行っている。

「坂ノ途中の日報」はコチラ

原田 有佳子: 東京の直営店舗マネージャー

原田 有佳子

山形大学大学院農学研究科修了後、山形の農業生産法人を経て坂ノ途中に入社。
おしゃれなレストランでの修行経験もあるが、なぜかおばあちゃんっぽい料理が得意。
通販のお客さん向け読み物「坂ノ途中だより」でも季節の野菜を生かしたレシピを発信中。

「坂ノ途中soil ヨヨギ garage」はコチラ
「坂ノ途中soil キョードー」はコチラ

松村 佳江: 通販窓口

松村 佳江

メルマガ「坂ノ途中通信」でおなじみかえさんです。実は小野とは幼稚園から中学校までの同級生。
カナダにすんだり、広告系で働いたり、アロマに詳しくなったりしたのちに坂ノ途中に入社。
通販のお客さんとのやり取りを担当。英語でのやり取りも担当。
スタッフのシフト考えるのも、メルマガ書くのも担当。


色川 友里: 通販窓口

色川 友里

京都大学大学院地球環境学舎修了。
修士論文は、「有機農業が広がるために必要なことは何か?」。
2児の母をしつつ、家庭菜園をしつつ、坂ノ途中では通販のお客さんとのやり取りを担当。
畑や農家さんの状況とお客さん目線とを組み合わせて、
お野菜セットの中身を調整しているのもこの人です。


橋本 真琴: 法人窓口

橋本 真琴

東京都出身。10年以上大学の研究室にひき籠っていたが、好きな事をやり尽くして、
30代半ばに会社デビューしてみる。水産会社や人材会社の営業を経て、京都に移住し現職。
法人のみなさまに面白い/おいしい野菜を届けるため日々かけまわっている。
シャープな発言をすることは基本的にないけど、もしかすると知識人なのかも。美味しいもの大好き。

「小売店、飲食店のお客様へ」はコチラ

金井 舜悟: 農家さん窓口

金井 舜悟

精神医療や福祉分野への興味を突き詰めているうちに坂ノ途中に入社。
坂ノ途中の「少量しかないけどおいしいもの」がちゃんと評価される流通をつくろう!という挑戦は、
実は大量のデータ処理によって実現している。それを、やってる人です。
やけに薄着。


武岡 萌: 農家さん窓口

武岡 萌

2016年新卒入社のひとり。
学生時代から坂ノ途中でアルバイトをはじめ、そのまま流れで入社。
複数の業務で下積み経験を積んだのち、農家さん窓口を担当することに。
入社一年目にして「旅に出たいので2-3か月くらい休みたい」といえる豪胆さをもつ。
管理栄養士らしい。


鈴木 雅之: 出荷マネージャー

鈴木 雅之

出荷を取り仕切っている人。
ふらふらしていたところ、お野菜を定期購入していた奥さんから坂ノ途中を勧められ入社。
インド歴が長い。インドの民族楽器シタールの奏者としても活動しており、たまにライブも行っている。
出荷終了後、気分が乗ると本場っぽいチャイを振る舞うことも。
ちょっとタイ語ができたりもする。甘党。


山崎 茜: 農場スタッフ

山崎 茜

通称「あかねぽん」。環境系NGO等を経て坂ノ途中に入社。
事務仕事も出荷もできる貴重な戦力だったのだけど、どうしても畑がやりたいということで、
いきものいっぱいの直営農場「やまのあいだファーム」の担当へ。
農業の基礎は、週末農業学校small farmers collegeで学びました。

「坂ノ途中の日報 やまのあいだファーム」はコチラ

前島 奈央: まかないスタッフ

前島 奈央

沖縄料理やカフェ勤務を経て、坂ノ途中に入社。
狭いキッチンでみんなのご飯を作ってくれている。
“肩肘はらない、普段使いのオーガニック”がテーマ。
「え、おかわりないんですか…」ばかり言ってごめんなさい。

「坂ノ途中の日報 まかない・レシピ」はコチラ

安田 大志: 海外事業担当

安田 大志

2016年新卒入社のひとり。
幼いころの志のまま、大阪大学法学部で公共政策を学ぶ。
坂ノ途中では珍しく、学業もサークルも充実した学生生活を送っていた人。
入社後は(学生生活を充実させられなかった先輩たちから)「現場感が足りない!」と言われ続け、
最近は大体ラオスの山間地にいる。