坂ノ途中だより:カーボロネロ、プチヴェール

こんにちは、広報くらたです。

さ、寒いですね…!先週の寒波、東京は雪こそふりませんでしたが霜柱があちこちに。九州育ちのわたしは10℃を切ると震えあがってしまうのですが、東京がもっと寒かった時代もあったそうで。。

14世紀半ばから19世紀半ばの約500年間は、世界的に寒冷な「小氷期」という時期にあたり、特に江戸時代中期は今より5~7℃気温が低かったそうです。江戸でも隅田川が凍り、積雪が2mに達する年もあったとか。ひとびとは火鉢にこたつ、湯たんぽ、カイロでなどで寒さをしのぎ、上野の不忍池や愛宕山におめかしして雪見に出かけていました。寒そう、でも楽しそうです。

***

今週は、アブラナ科の野菜たちから2種類、カーボロネロとプチヴェールをピックアップします!寒い今の時期、味が乗っていておいしいんです。今週のキョードー原田のレシピはとってもシンプル!じっくり焼いて塩をふるだけなのに、驚きのおいしさですよ。カーボロネロ以外に、アレッタでもおいしいレシピです。ぜひお試しください!

 

***カーボロネロ***

 

カーボロネロはアブラナ科の野菜。結球しないキャベツの一種です。イタリア語で「カーボロ」はキャベツ、「ネロ」は黒という意味です。

イタリアのトスカーナ地方が原産とされ、今でもトスカーナの郷土料理にふんだんに使われています。中でもパンと豆、いろいろな野菜を煮込んで作る「リボッリータ」という名物のスープには欠かせない食材です。

表面が細かく縮れていて味がよくからみ、繊維がしっかりしているので煮込んでもあまり煮崩れしません。ほんのりした苦みとコクのある味わいです。

今週のレシピのように油でしっかりと焼くのも、パリッとしナッツのような風味が出るのでおすすめですよ◎

 

***プチヴェール***

 

小さな花が咲いたような葉が愛らしいプチヴェールも、カーボロネロと同じくアブラナ科の野菜です。芽キャベツとケールをかけあわせたもので、25年ほど前に静岡県で誕生しました。ケールのような苦みはなく、優しい甘みがあります。

芽キャベツと同じように、スープやシチュー、パスタ、サラダなどに。ごま和えやさっと炒めるのもおいしいですよ!葉が巻いていないぶん、芽キャベツより火の通りが速いです!

***

 

カーボロネロを使った今週のレシピ「カーボロネロのゆっくり焼き」はこちら!ぜひご覧ください。

それでは、また来週!



ご無沙汰しています!

やまのあいだファームのあかねです。
冬の間、ほとんどブログを更新せずで・・・
元気にしてるのか~??と何人かの方が連絡をくださったり。
いつも気にかけてくださって本当にありがとうございます。
私は元気です!!

3月に入り、そろそろ忙しくなってきたので、
ブログの方も再開せねばと思いつつ、ずるずると冬ごもりモードから抜け出せずでした・・・
気づけば3月ももう半ば。。。

今日こそは!と、夜も更けってしまいましたが、やっとこさパソコンの前に座ってブログの画面を開いたところです。
外は雨が降っています。
明日も午前中は雨が降ってそうだから、カボチャの種でも洗おうかな。

数日前から、晴れた気持ちいい日にはホトトギスが鳴くようになりました。
久しぶりに鳴くからか、少しぎこちないようにも聞こえます。
まだ少し寒い日もありますが、少しずつ春が近づいていますね。

畑の野菜たちも、寒い冬を乗り越えてまた動き出しましたよー!
今畑にいる野菜たちをご紹介します!

のらぼう菜。うちで育てている菜の花のうち、一番トウ立ちの早いものです。
じわじわと伸びてきています。

こちらはことり菜。コマツナみたいなアブラナ科の野菜ですが、こちらも菜の花用に育てています。
一番トウ立ちの遅いもので、5月ごろにトウ立ちします。

エンドウは、スナップエンドウ、さやえんどう、実えんどうの3種類を育てています。
先日、ネットを張って間引きをしました。

こちらは初めて育ててみたプチヴェール。
先日初めての収穫をしました。
芽キャベツのフリルバージョンという感じでしょうか。

茹でて塩だけで十分いける。

今年は、草の種類や分布も少し変わりそうです。
去年まで少なかったヨモギやクローバー、カラスノエンドウなどがモコモコ生えてきました。
新葉のヨモギはシルバーでとてもきれい。
田舎の奥さんたちは、毎年春に若いヨモギを摘んでお茶にしたり団子にしたりしています。

今年もじわじわ畑が賑わう季節になってきました。
最近は、体調を崩すことも少なくなりましたが、引き続き健康でいっぱい働ければな、と思っています。

先日は、北海道のブドウ農家さんコハルちゃんが畑に来てくれました。
ありがとうございました!
今年もたくさん良い出会いがありますように。

それでは、また。おやすみなさい。



X