坂ノ途中soil キョードーのまかない

こんにちは

坂ノ途中soil (キョードー・ヨヨギ)のはらだです。

5月に入って、お店に並ぶ野菜の数がぐっと増えてきました!
特に最近増えてきたのが絹サヤ、スナップえんどうや赤花砂糖エンドウなどの豆類と葉つき人参やビーツの若芽などの間引き菜類。成長途中の野菜の勢いが感じられるような、みずみずしい味わいがとってもうれしいです。

先日のまかないをご紹介します。↓

鶏むね肉の塩麹蒸しとビーツの若芽。ピーナッツソース。

すずかぼちゃとスナップエンドウのサラダ

ホウレンソウと大浦太ゴボウの胡麻バター和え

はたけしめじとクレソンのソテー

黒米入りごはん

ビーツの葉っぱは少しの間水にさらしてシャキっとさせました。ホウレンソウのような風味と味わいがあって、ピーナッツソースの濃い味とも相性ばっちりです。

大浦太ゴボウは柔らかくて少し甘みを感じます。さっとバターでソテーして、胡麻和えにしたホウレンソウと合わせてアクセントにしてみました。

すずかぼちゃは初物です。これを食べると、いよいよ夏がやってくるんだなーという感じがしてわくわくします。

 

ぐんぐん成長していく初夏の野菜の元気をもらった昼ごはんでした◎

ではまた!

 

 



今週のレシピ:すずカボチャと梅干しのマリネ

今週のピックアップ野菜、「すずカボチャ」を使ったレシピです!キョードーのはらだが考えました!

 

*すずカボチャと梅干しのマリネ*

 

1、すずカボチャ1/2個(約150g)を種をとって、2㎜程度の厚さにスライスする。

2、梅干し1〜2個の種を取って果肉をたたき、梅肉をつくる。ニンニク1/2片をすりおろす。梅肉10g、EXバージンオリーブオイル10g、砂糖5g、すりおろしニンニク少々を合わせて梅肉ソースをつくる。

3、スライスしたすずカボチャに梅肉ソースを和えてできあがり!

 

***

 

すずカボチャには、ミルクっぽい風味があるなと思っています。その風味を引き出したいと思って作りました。

出来立てはぱりぱりとした歯触りが楽しいし、しばらく置いて味が馴染んだ感じもおいしいです。

オリーブオイルが味の決め手なので、できればちょっと良いものを使ってください。



坂ノ途中だより:すずカボチャ

こんにちは、広報くらたです。

なんだかすでに夏のようなお天気ですね。先週、東京では、満杯のバケツをひっくりかえしたような激しい雨が降った日がありました。

雨上がり、まだ木や草が濡れそぼっている帰り道、蒸気がたちのぼるように足元から湿った葉っぱと土の香りが。

前の日までは感じなかったクチナシの花の甘い香りもその中に混じっていました。ああ、今日季節が一歩進んだんだな。。と思いました。

*****

今週は、すずカボチャをピックアップします!手のひらサイズのころんとかわいいカボチャです。

サラダや、今週のレシピのようにマリネにしてもおいしい!これからの暑い時期にぴったりの野菜です。

 

*すずカボチャ*

すずカボチャは、生食向きのミニサイズのカボチャです。

皮も果肉もやわらかく、包丁がすっと入り、種も食べられます。

普通のカボチャほど甘味もでんぷん質もないので、煮炊きには向いていません!サラダや浅漬け、マリネなどがおすすめ。

パリパリ、コリコリした食感が心地良く、キュウリのようなみずみずしさの中にほんのりカボチャの甘さがある味わいが面白いです!色合いもきれいなので、食卓の彩りになりますよ。

水分が多いぶん、普通のカボチャに比べると日持ちしません。保存の目安は冷蔵庫に入れて2週間ほど。カットした場合はカット面にラップをぴっちりと貼り、早めに使い切ってくださいね。

 

***

 

すずカボチャを使ったレシピ「すずカボチャと梅干しのマリネ」も合わせてご覧くださいね。

それでは、また来週!



X