今週のレシピ:カブ、セロリと柿の柚子甘酒マリネ

2016.11.28 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ、ゆずを使ったレシピです!

 

***カブ、セロリと柿の柚子甘酒マリネ***

 

s_dscf6355

 

1、カブ2個を皮ごと薄切りに、セロリ1本を筋をとって薄切りにする。
カブ、セロリを合わせ重量の2%の塩を揉み込んでしばらくおく。
柿を薄切りにする。

2、カブとセロリがしんなりしたら、水気を切ってボールに入れる。
柿もボールに入れる。

3、甘酒:柚子果汁:オリーブオイル=2:1:1を合わせてマリネ液をつくる。
2と和えて、しばらく置いたらできあがり!

●ポイント●
甘酒はできれば酒粕ではなく米麹から作っているものを使ってください。甘酒のとろんとした甘みと柚子の酸味が野菜によく合います。おしゃれな味わいのマリネです。

 

***

 

ぜひお試しくださいませ~!



今週のレシピ:アレッタとニンジンのニンニク味噌和え

2016.11.21 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のレシピ2本目!いよいよお届けの始まった、アレッタを使ったレシピです。

 

***アレッタとニンジンのニンニク味噌和え***

 

s_dscf6185

 

[1]鍋に日本酒を深さ1㎝ほど入れて火にかける。日本酒が沸いたらざく切りにしたアレッタ1束(約100g)を入れ蓋をして蒸し煮にする。
アレッタに軽く火が通ったらざるにあけて冷ます。
ニンジン1本(約150g)を千切りにし、アレッタと同じ方法で火にかける。

[2]ニンニク味噌を作る。
ニンニク1片をみじん切りにする。鍋に油大1とニンニクを入れて火にかける。
油にニンニクの香りが移ったら、味噌大2、砂糖大2、酒大2を入れて練り上げる。

[3]出来上がったニンニク味噌とクリームチーズ30gを和える。

[4]水気を絞ったアレッタ、ニンジンと3を和えて味を調える。仕上げにレモンをふってできあがり!

***

過去の坂ノ途中だよりでも、アレッタのお野菜紹介とレシピを掲載しています!合わせてチェックくださいね◎

【坂ノ途中だより 2016.12.13号 アレッタをピックアップ、アレッタのポテトサラダのレシピをご紹介!



今週のレシピ:キクナとネギとリンゴのコチュジャン和え

今週のピックアップ野菜:キクナを使ったレシピです!

 

***キクナとネギとリンゴのコチュジャン和え***

 

s_dscf6199
[1]キクナ1束(約100g)をさっと塩茹でして水気をしぼり、3㎝幅に切る。
長ネギ1/3本を3㎝幅に切って白髪葱に。りんご1/4個を皮ごと千切りにして、塩少々を揉み込んでしばらくおく。

[2]コチュジャン:ごま油:砂糖:醤油=2:2:2:1で合わせてタレをつくる。

[3]キクナ、白髪葱、りんごとコチュジャンタレを和えて味を調えたらできあがり!

***

それでは、また来週!



今週のレシピ:レンコンのじっくり焼き、じゃこクリームチーズのっけ

2016.11.14 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ野菜、レンコンを使ったレシピです!

***レンコンのじっくり焼き、じゃこクリームチーズのっけ***

 

s_dscf6098

1、レンコン100gを皮付きのまま縦切り。オリーブオイル大1と塩少々でマリネしてしばらくおき、レンコンにオイルをなじませる。

s_dscf6085

2、フライパンを弱火に熱して、レンコンをじっくり焼く。油はひかなくてOK!

s_dscf6088

3、クリームチーズ20g、じゃこ10g、たたいた梅干し少々、ゆず胡椒少々を和えてじゃこクリームチーズを作る。

s_dscf6095

4、焼いたレンコンに3のじゃこクリームチーズをのせて出来上がり。

下味をつけてじっくり焼いたレンコンは甘くてホクホクです。おつまみにもぴったり!

***

ぜひお試しください~!



今週のレシピ:ハヤトウリとシメジの浅漬け

2016.11.07 | category: まかない・レシピ

今週のピックアップ野菜、「ハヤトウリ」を使ったレシピです!

 

***ハヤトウリとシメジの浅漬け***

 

s_dscf5727

1、ハヤトウリ1個の種を取り除き、5㎜幅にスライスする(皮は剥いても剥かなくてもOKです)。塩少々をもみ込んでしばらくおき、洗って水気を切る。

2、シメジ100gを小鍋に入れ酒少々をふりかけ、蓋をして酒蒸しにする。

s_dscf5710

3、ハヤトウリとシメジをボールに入れ、塩麹で和える。

s_dscf5713

4、しばらく置いて味をなじませる。仕上げに柑橘のしぼり汁と皮の千切り少々を和える。

s_dscf5720
〇ポイント
ハヤトウリの瓜の風味と塩麹の味わいはとってもよく合います。柑橘は好みのもので!写真はカボスを使いました。

塩麹はものによって塩分濃度が違うので、少しづつ加えて丁度いい分量を見つけてくださいね。

***

ぜひお試しください~!



今週のレシピ:炒りギンナン

2016.10.31 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ、ギンナンのシンプルレシピです!

フライパンでを使う場合と、電子レンジを使う場合をご紹介しています◎

 

***炒りギンナン***

 

s_dscf5545-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

♦フライパンを使う場合

1、ギンナンをフライパンで弱火でじっくり炒る。5分くらいたち、うっすら焦げ目がついたら火から外す。

s_dscf5525
2、粗熱が取れたらキッチンばさみで殻のはしを切る。はさみを殻に沿わせるようにすると切りやすいです。

s_dscf5543
殻割りつきキッチンばさみの場合は、殻割り部分を用いると簡単にひびを入れることができます。

s_dscf5542
3、殻と薄皮をむいてできあがり!塩をちょっとつけてもおいしいです。
♦電子レンジを使う場合

1、ギンナンを紙製の封筒に入れる。2~3回口を折ってしっかり閉じる。封筒の端を少し切る。

2、電子レンジにかける(15粒の場合、500Wで約1分)。中から破裂音がしてきたらOKです。

3、殻と薄皮をむいてできあがり!

***

秋の味覚、ぜひお楽しみくださいね◎



今週のレシピ:グレープフルーツのポテトサラダ、シロップ

2016.10.24 | category: まかない・レシピ

今週のピックアップ、若いグレープフルーツを使ったレシピです!

 

***グレープフルーツのポテトサラダ***

 

dscf5444

【1】グレープフルーツ1個の皮をむいて果肉を取り出し、ごま油適量と塩少々で

マリネする。

【2】ジャガイモ(男爵やキタアカリなどのホクホク系がおすすめ)2個(約400g)の皮をむく。

鍋に入れてひたひたの水を注ぎ、中火でゆでる。

ジャガイモが柔らかくなったら湯を捨てて、再び鍋を火にかける。

鍋をゆすって水気を飛ばし、粉ふき芋にする。

【3】ジャガイモが熱いうちにグレープフルーツのマリネを和える。

マヨネーズ適量で味を調えて出来上がり。

若いグレープフルーツの酸味とごま油の風味が効いた、さっぱりしたポテトサラダです。お肉料理などの付け合わせにもおすすめ!

 

***グレープフルーツのシロップ***

 

【1】グレープフルーツを薄切りにする。

【2】密閉びんに砂糖と交互に入れ、一番上を砂糖でふたをする。

グレープフルーツの量と砂糖の量は1対1。(お好みで砂糖の量を減らしてもOKです!)

【3】1日常温に置き、砂糖が溶けたら冷蔵庫の中に入れて保管する。時々上下を返して混ぜる。

1週間ほどして、グレープフルーツのエキスが十分に出たらできあがり。

農家さんのオススメはほうじ茶割りだそうです!ぜひお試しくださいませ◎



今週のレシピ:黒枝豆のペペロンチーノ風

2016.10.17 | category: まかない・レシピ

今週のピックアップ野菜、丹波黒の枝豆を使ったレシピです!

***黒枝豆のペペロンチーノ風***

s_dscf5347

1、枝豆をさっと洗った後、塩少々をすりこんでよくもみこむ。

鍋に熱湯を沸かし、塩がついた枝豆を固めにゆでる。

2、フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、鷹の爪少々を 入れて弱火にかける。

にんにくに火が通り香りが立ってきたら、枝豆を入れてさっと炒める。

3、塩少々で味を調えてできあがり。

黒枝豆のホクホク感にガーリックオイルがよく合いますよ!おつまみに。

***

枝豆のレシピは、昨年10月の坂ノ途中だよりでもご紹介しています。合わせてご覧ください◎→トマトと枝豆の生姜ごはん

***

ぜひお試しくださいませ~!



今週のレシピ:極早生みかんと豆腐のオイル漬けのカプレーゼ風、ニンジンの葉っぱソースのオープンサンド

今週のピックアップ、極早生みかんを使ったレシピと、「どうやって食べたらいいの?」とお問い合わせをいただくことの多い、ニンジン葉のレシピをご紹介します!

***極早生みかんと豆腐のオイル漬けのカプレーゼ風***

1

1、木綿豆腐1 /2丁を水切りして、薄切りにする。オリーブオイル100ml、塩小1、胡椒2〜3粒をよく混ぜて、薄切りにした豆腐を1日〜2日漬け込む。

2、極早生みかん1個の皮を剥いて輪切りにする。

3、皿に極早生みかんと豆腐のオイル漬けを重ねて盛り付ける。仕上げにイタリアンパセリを散らしても◎

■ポイント
オリーブオイルに漬け込んだ豆腐は、コクが加わってどっしりした味わいになります。

極早生みかんの甘酸っぱい風味との相性もぴったりです。残ったオイルは、サラダやマリネに使ってくださいね。

 

***ニンジンの葉っぱソースのオープンサンド***

2

1、ニンジンの葉っぱソースを作る。

ニンジンの葉っぱ20gを粗く刻む。ニンニク少々をみじん切りにする。

ニンジンの葉っぱ、ニンニク、塩少々、酢大1、オリーブオイル大1、マヨネーズ適量を混ぜ合わせしばらく置く。

2、フライパン(もしくはホットプレートなど)で野菜とスライスしたパンを焼く。

3、温めたパンの上にニンジンの葉っぱソースを塗り、焼いた野菜をトッピングする。

■ポイント
野菜は焼く直前にボールに入れ、オリーブオイル(分量外)で和えてから焼くと、適度にコクが加わっておいしいです。

写真は、「りんご、マッシュルーム、紫芋、安納芋」「りんご、生キクラゲ、レンコン」の2種類です。

***

ぜひお試しください!



今週のレシピ:マコモダケとパプリカのマリネ、金時草のおひたし

2016.10.03 | category: まかない・レシピ

今週のピックアップ野菜:マコモダケを使ったレシピです。キョードー店長はらだが考えました!

「どうやって食べたらいいの?」とお問い合わせをいただくことの多い、紫の葉野菜 金時草のレシピも合わせてご紹介します。

***マコモダケとパプリカのマリネ***

canvas

【1】 マコモダケ250g(1袋・3〜4本)の皮をむく。フライパンで油をひかずに弱火〜中火でうっすら焦げ目がつくまで焼き、斜め薄切りにする。

【2】 パプリカ1〜2個を直火、魚焼きグリル、またはオーブントースターなどで、皮が真っ黒に焦げるまで強火で焼く。

焼き上がったら深い皿またはボールなどに入れて、ラップをして蒸らす。パプリカが冷めたら皮をむいて種をとり、細切りにする。

%e7%84%bc%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d
↑これぐらい焦げ目がつくまで焼きます。

【3】 マコモダケとパプリカを合わせ、レモン汁大2、オリーブオイル大2、はちみつ小1、おろしにんにく少々、醤油少々、胡椒少々で和える。

しばらく置いて、味をなじませたらできあがり!

 

■ポイント

マコモダケとパプリカを焦がすように焼いて、マリネしました。

焦げの香ばしい香りがスパイス代わりです。マコモダケのシャキシャキした食感と甘みを楽しんでください。

 

***金時草のおひたし***

%ef%bc%92

【1】 金時草150g(1袋)の茎から葉っぱをとる(今回茎は使いません)。

塩を入れた熱湯で30秒ほど茹でる。冷水にさっと放ち、ざるにあげて水気を絞る。

包丁で食べやすい長さに切る。

【2】 出汁汁100ml、酢小1、煮切りみりん小1、塩小1/2、醤油小1/2 を合わせて浸し 地を作る。

金時草を浸して冷やし、味をなじませる。器に盛り付けて、おろしショウガをのせてできがり!

 

■ポイント

金時草をシンプルなお浸しにしました。ちょっとお酢を利かせたさっぱり味です。

金地草の葉っぱに含まれている紫色の色素・アントシアニンが浸し地に移って、とってもキレイです。浸し地がピンク色に染まっていく様子はまるで実験のようで楽しいです。ぜひ試してみてください。

 

***

ぜひお試しください~!



X