坂ノ途中soilキョードーのまかない

こんにちは、坂ノ途中soil(キョードー・ヨヨギ)のはらだです。

このブログを書くのはとっても久しぶり。。ご無沙汰しています。

いままで私はお弁当を作ってお店に出勤していたのですが、スタッフが増えたのと、お店に小さいキッチンができたのをきっかけにスタッフまかないを作り始めました。
お店で販売している野菜の味の確認や、食べ方を考える場として、まかない作りはとっても大事な時間になっています。

ある日のお昼ごはんを紹介します。この日はお客様が来てくれた日。ちょっと豪華なお昼ごはんになりました◎

・じゃがいものそぼろ煮
・大根とネギの練りゴマカレー炒り
・青大豆と玉ねぎのマリネ
・青大豆、きゅうりとトマトの豆腐クリームチーズサラダ
・黒千石大豆ごはん
私は毎年この時期に、大豆が食べたくなります。

豆を煮ている時のお鍋の香りに、なぜか心がほっと落ち着きます。。不思議。

一番シンプルで好きな食べ方はこちら。山形の郷土料理『ひたし豆』です。
程よい塩気が心地よくて、とまらないです。
ちょっと時間が出来た時に。。ぜひ作ってみてくださいね。


今週のレシピ:葉付きタマネギの卵とじ

2017.02.19 | category: まかない・レシピ

今の時期だけの野菜、葉付きタマネギを使ったレシピです!

*葉付きタマネギの卵とじ*

1、葉つきタマネギ2〜3個(1束)の玉の部分を繊維にそって薄切りにする。葉の部分をざく切りにする。卵2個を溶きほぐす。焼き海苔1枚を小さくちぎる。

2、鍋にだし200mlを入れ火にかける。沸いたら葉つきタマネギを加えてさっと煮る。  みりん大2、酒大2、醤油大1、塩少々で味つけする。

3、溶き卵の1/2量を鍋に回し入れ、弱火で30秒〜1分煮る。残りの溶き卵に海苔を混ぜ、鍋全体に回し入れる。
蓋をして火を止め、余熱で火を通す。器に盛ってできあがり!

***

葉つきタマネギは、サクサクとした歯ざわりを残すように、さっと短めに煮てください。

仕上げにごま油をまわしかけてもおいしいです。七味とうがらしもよく合いますよ!



今週のレシピ:野菜のはじっこドレッシング

2017.02.13 | category: まかない・レシピ | tag: ,

今週のピックアップ、ベビーリーフと一緒に!いろいろな野菜を使って作るドレッシングです。

 

*野菜のはじっこドレッシング*

【1】野菜の「はじっこ」(ヘタの切り落とした部分、根っこの近く、皮など)200gを2㎝角の角切りにする。
※野菜は、生で食べられるものなら何でもOK!ニンジン、タマネギ、ショウガは必ず使います。
今回は、ニンジン、タマネギ、ショウガ、中抜き大根、赤カブ、セロリの葉を使いました。

【2】野菜をミキサーに入れ、好みの砂糖大1、醤油大2、好みの酢大3、好みの油大5、塩少々を加えて回す。
野菜に水分が少なめのものが多くミキサーが回りづらい時は、油でのばす。(砂糖:醤油:酢:油:塩=1:2:3:5:少々)
※砂糖、酢や油はお好みのものを。今回は、黒糖、米酢、菜種油を使いました。

3、なめらかになったら完成!お好みのサラダにかけて。

***

坂ノ途中の「まかない」定番ドレッシングです。
冷蔵庫で3~4日保存可能です。味がなじんで変わっていくのを楽しんでくださいね。
サラダのほか、蒸し野菜、焼き野菜、お肉料理などにも合います。
使う野菜によって、味も色合いも大きく変わりますよ!



今週のレシピ:ネギと油揚げのぬた

2017.02.06 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ野菜、ネギを使ったレシピです!どのネギでも作れますよ~!

*ネギと油揚げのぬた*

 

 

1、ネギ2本の白い部分を斜め薄切り、青い部分をざく切りにする。
鍋に切ったネギを入れた後、水を約1㎝の高さまで入れる。
鍋に蓋をして火にかけ蒸し煮にする。ネギに火が通ったらザルにあけ、冷ます。

2、油揚げ1枚を油抜きして、短冊切りにする。
フライパンに油を引かずに油揚げを入れ、うっすら焦げ目が付くまで焼く。
仕上げにごま油少々を鍋肌からまわしかけ、香りをつける。

3、白味噌:酢:砂糖:練り辛子=2:1:1:少々を和え、辛子酢味噌をつくる。
食べる直前にネギと油揚げ、辛子酢味噌を和えて出来上がり。

***

 

ネギを、シンプルなぬたに仕上げました。油揚げのカリッとした食感とほんのり香るごまの香りがアクセント。

油揚げの食感を残すために、辛子酢味噌は食べる直前に和えるのがポイントです。

今回の辛子酢味噌は白味噌を使っていますが、他の味噌でもおいしくできます。その場合は砂糖の量を調節して、お好みの甘さに仕上げてくださいね。

 

 



今週のレシピ:セロリと油揚げの梅干し和え

2017.01.30 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ野菜、セロリを使ったレシピです!

 

***セロリと油揚げの梅干し和え***

 

[1]セロリ2本を葉と茎に分ける。
茎は筋を取って薄切りにし、塩少々を揉み込んでしばらく置く。葉は刻む。
油揚げ1枚を油抜きし、細切りにする。梅干し1〜2個を種を取り、たたく。

[2]鍋にサラダ油少々を熱し、油揚げとセロリの葉を炒める。
全体に油がまわったら、酒大2と梅干しを加え、水分がなくなるまで炒り煮にする。
バットにあけ、しっかり冷ます。

[3]2が冷めたら水気を切ったセロリの茎と和え、出来上がり!

***

旬のセロリの茎と葉を両方使いました。セロリを食べ尽くす1品です。

味付けはシンプルに梅干しのみ。梅干しのほのかな酸味が、セロリの甘さと香りを引き出します。

おつまみにも、お弁当のおかずにも。



今週のレシピ:大根2本立て!大根ステーキとごまごまサラダ

こんにちは。今週のレシピ、テーマは大根です。

みずみずしくしっかり味の乗った大根をたっぷり味わえるよう、2種類のレシピをご紹介します!

 

***大根ステーキ、まろやかキムチ味噌のせ***

 

[1]大根は2〜3㎝幅の厚さに切って、皮を厚めに剥く。
鍋に大根と水を入れて、弱火で大根が柔らかくなるまで火を通す。

[2]まろやかキムチ味噌をつくる。
キムチ50gを細かく刻む。
小鍋に味噌70g、卵黄1個、砂糖20g、みりん大1を入れてよく混ぜた後、火にかける。
味噌に火が通ったらキムチとごま油大1、炒りごま大1を入れて混ぜながら火にかける。

[3]下ゆでした大根をフライパンでじっくり焼く。

[4]焼き目をつけた大根に、まろやかキムチ味噌をのせたらできあがり!

まろやかなキムチ味噌に、大根のみずみずしさがよく合います。下ゆでしたダイコンに片栗粉をつけて豚バラで巻いて焼き、キムチ味噌をのせてもおいしいです!

 

***大根のごまごまサラダ***

 

[1]大根を千切りにする。塩少々をふってしばらくおき、しんなりしたら水気を絞る。

[2]大根をボールに入れ、練りごま:ごま油:酢:醤油=2:2:2:1で和える。
仕上げに炒りごまと鰹節をたっぷり加えたらできあがり!

大根サラダに、練りごまでアクセントを加えました。ほどよいボリュームで、ご飯がすすむ味付けです。鶏のささみなどもよく合いますよ。

 

***

ダイコンのおすすめレシピは、過去の坂ノ途中だよりでもご紹介しています!

・いろいろなダイコンで「カラフルダイコンのから揚げ
・お餅を使った「ダイコンと餅のふわふわチーズ焼き

ぜひ作ってみてくださいね~!



今週のレシピ:カーボロネロ&アレッタのゆっくり焼き

2017.01.16 | category: まかない・レシピ

今週のピックアップ野菜、カーボロネロを使ったレシピです!

***カーボロネロ&アレッタのゆっくり焼き***

 

 

1、 カーボロネロ(またはアレッタ)を洗って水気をよく拭きとってから、ざく切りにする。ボールに入れて油少々ふりかけ、カーボロネロ(アレッタ)に油をまんべんなくからめる。

 

2、フライパンに並べ、ごく弱火で両面を裏返しながらゆっくり焼く。 うっすら焦げ目がついてきたら、仕上げに軽く塩をふってできあがり!

 

弱火でじっくりゆっくり、葉っぱの水分を飛ばしながら焼くのがポイントです。

ゆっくり焼いたカーボロネロ(アレッタ)はパリッとしていてスナックみたい。お子さんのおやつにもおすすめ!

***

ぜひ作ってみてくださいね~!



今週のレシピ:ブロッコリーとレーズンのブルスケッタ

2017.01.09 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ野菜、ブロッコリーを使ったレシピです!

 

***ブロッコリーとレーズンのブルスケッタ***

 

[1]ブロッコリーを小房と茎に分ける。茎は皮を剥いて1㎝程度の厚さにスライスする。
小房と茎を塩少々(湯の量の1%程度)を入れた熱湯で10分〜15分、やわらかくなるまで茹でる。
やわらかく茹で上がったらざるにあげ、ブロッコリーと茹で汁を分ける。
※茹で汁も使うので取っておきます!

[2]レーズン15gを、ぬるま湯にしばらくつけてやわらかくし、みじん切りにする。
ニンニク1片をみじん切り。鷹の爪1本の種を取って輪切りにする。

[3]フライパンにニンニクと鷹の爪、オリーブオイル大2を入れて弱火にかける。
オリーブオイルにニンニクの香りが移ったらブロッコリーとレーズンを入れ、
木べらでつぶしながら炒める。
水分が少ない場合は、ブロッコリーの茹で汁とオリーブオイルを足して
ペースト状に仕上げる。
仕上げに塩少々と粉チーズ(もしくはおろしたパルミジャーノ・レッジャーノなど)
30gを入れて味をととのえる。

[4]軽く焼いたバケットにブロッコリーペーストをたっぷりのせてできあがり!

ブロッコリー1個まるごと使った料理です。やわらかく煮たブロッコリーならではのコクがおいしい!保存も利くので、おもてなしやおつまみに作り置きするのもオススメです。
アンチョビやベーコン、くるみなども合います。レーズンが味の決め手ですが、無い場合は省略してもOKです。

 

***

 

ぜひお試しください!



今週のレシピ:大根と餅のふわふわチーズ焼き

2017.01.06 | category: まかない・レシピ

今週のキョードースタッフはらだのレシピは、大根とお餅を使った一品◎

お正月に残ったお餅を使って、ぜひお試しください!

***大根と餅のふわふわチーズ焼き***

 

[1]大根200gの皮をむいておろし、水気を切る(水気を切った後の大根おろしの重量は130g位)。
餅1個(50g)を熱湯に浸けて柔らかくし、細かく切る。青ネギ1本を小口切り。

 

[2]水気を切った大根おろしとネギ、餅、片栗粉大2、ピザ用チーズ(または刻んだとろけるチーズ)20g、塩少々を混ぜる。

 

[3]油を敷いたフライパンで丸めた大根もち種を並べ、両面にこんがり焼き目がつくまで焼いたらできあがり!

 

外はカリッ、中はふわふわの食感が楽しいです。おつまみやお子さんのおやつにも◎

ぜひお試しください~!



坂ノ途中だより:春の七草

あけましておめでとうございます!

2017年もみなさまにおいしい野菜たちをお届けできるよう、頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

今週7日は、「人日(じんじつ)の節句」。桃の節句や端午の節句に並ぶ五節句のひとつです。古代中国では、この日に七種の菜の煮物や汁物を食べ、無病息災を願っていました。

一方日本では、お正月に野原の若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習が、また、1月15日には七種の穀物で作ったおかゆを食べ五穀豊穣を願う朝廷行事がありました。

中国の人日の節句の風習と日本のお正月の風習が合わさって、7日の節句に七草がゆを食べるようになった…と言われています。「七草」が今の7つに固まったのは鎌倉時代のことで、十二種類以上入れていた時代もあったそうです。

今週は、この「春の七草」をご紹介!おかゆはとっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

キョードースタッフ原田の今週のレシピは、お餅と大根を使ったアレンジ料理。こちらもご覧くださいね。

 

***春の七草***

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・春の七草」。

健康と豊作を祈って食べる七草がゆは、昔の人の生活の知恵が詰まったもの。年末年始で疲れた胃腸を優しく労わってくれます。

地域によっては、お味噌汁にすることもあるそうです。

①せり

水辺に育つセリ科の植物。消化促進や解熱効果があるとして食べられてきました。

独特の爽やかな香りによる食欲増進も◎

 

②なずな

「ぺんぺん草」の名でおなじみ。

江戸時代は冬の貴重な青菜として、肝臓や高血圧に効く薬草として、虫よけとして、広く使われていました。

 

③ごぎょう

のどの不調や咳止めに効くと古くから使われてきた薬草です。

明治時代ごろまでは、蓬のかわりに草餅の材料にも使われていました。

 

④はこべら

今は「はこべ」という呼び方が一般的。

昔から腹痛薬や歯磨き粉として使われていました。

 

⑤ほとけのざ

キク科の植物。春に紫の花を咲かせるほとけのざとは別物です。

胃腸を整え、食欲を増進させるはたらきがあると言われています。

 

⑥すずな

アブラナ科の野菜、カブの別名です。

胃腸の消化を助けてくれる消化酵素、免疫力を高めるビタミンCが含まれています。風邪予防に◎

 

⑦すずしろ

アブラナ科の野菜、ダイコンの別名です。

すずなと同じく消化酵素やビタミンCが豊富で、胃に優しい野菜の代表格。葉の鉄分は野菜の中でもトップクラス!ぜひ葉も根も食べてくださいね。

 

***七草がゆの作り方***

[1]米を研いで鍋に入れ、約5〜8倍の水を入れる。

[2]ふたをして強火にかける。沸騰したら弱火にして、ふたをずらして30分ほど炊く。
粘り気が少なくてさらっとしたおかゆにするために、出来るだけ混ぜないように。
水分が蒸発してしまったら、水を足して好みの固さにする。

[3]塩ひとつまみと、刻んだ七草を入れ、蓋をして七草に余熱で火を通す。

※できれば土鍋のような厚みのある鍋で作ってください。火のあたりが柔らかくなるため、お米がふっくら炊き上がりますよ。

 

***

今週のレシピ:大根と餅のふわふわチーズ焼きのレシピも合わせてご覧くださいね。

それでは、また来週!



X