坂ノ途中だより:野菜の保存ポイント紹介

2018.07.12 | category: やさいのはなし

こんにちは、広報くらたです。

先週、西日本では大雨が続きました。被害に遭われた方々へ心からお見舞い申し上げます。

野菜にも影響が出ていて、葉物がとろけやすくなっていたり、トマトが水を吸いすぎて割れていたり、キュウリやナスに傷が入っているかもしれません。

いつもより少し傷みやすい可能性があるため、今週は特に葉物、果菜の保存のポイントをご紹介します。

野菜の保存ポイントをご紹介します

葉物には適度な水分を 

葉物は、濡れるととろけやすく、乾燥するとしなびてしまいます。袋の内側に水滴がたくさんついていたら、新聞紙でくるんで余計な水分を吸い取ってください。

袋に入れ、袋の口を密閉せず少し開けた状態で冷蔵庫の野菜室へ。乾燥ぎみの場合は新聞紙を軽く湿らせておくと、シャキッと感が長もちします。

菜は冷えすぎ・水気に注意 

ズッキーニ、ナス、トマト、キュウリ、オクラ、サヤインゲン、ピーマン、トウガラシなどの夏の果菜は、冷えすぎに注意です。

裸のままでは傷んで柔らかくなってしまうので、新聞紙にくるんでから袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ入れてください。

水分過多も傷みの原因になります。届いた時に袋の内側や野菜が濡れていたら、キッチンペーパーなどで水滴をしっかり拭き取るようにしてください。

置き方も大切です。トマトはへたを下にして重ならないように置く、ナスやキュウリは立てて置くのも、長もちさせるコツです。

今週の野菜についてのお願い

しっかり検品した上で出荷していますが、ひと晩で状態が大きく変わってしまうこともあります。

受け取られた野菜の状態が悪かった場合は、大変お手数ですがご連絡をお願いいたします。

また、いつもより早めにお召し上がりくださいませ。



X