坂ノ途中だより:キクイモ

2018.02.08 | category: やさいのはなし

こんにちは、広報くらたです。

2月に入りました。東京では先日積もった雪が10日たっても溶け残っていて、今年は本当に寒いんだな。。と思わされます。

今週は、キクイモをピックアップします!なかなかスーパーでは見かけない野菜ですよね。どう食べたらいいの?というお声をよくいただきますが、焼くだけでねっとりと甘くておいしいんですよ。

キクイモ

キクイモは北アメリカ大陸原産。

見た目はショウガそっくりですがまったく別物、キク科の野菜で、ゴボウ、キクナ、レタスなどの仲間です。秋には同じキク科のヒマワリに似た花を咲かせます。

生でも、焼いたり揚げたりしてもおいしく食べられます!生ではシャキシャキ食感でゴボウのような味、ゆっくり火を通すとトロっと甘くなりますよ。

糠漬けや醤油漬け、薄くスライスして揚げるチップスもおすすめです。

保存は、ビニール袋に入れたままか、新聞紙に包んで冷蔵庫へ。保存の間に芽が出てきた場合は、切り落としてお召し上がりくださいね。

***

今週のレシピ「キクイモのじっくり焼き」もご覧くださいね。

それでは、また来週!



X