坂ノ途中だより:バターナッツかぼちゃ

2017.10.02 | category: やさいのはなし | tag:

こんにちは、広報くらたです。

10月に入りましたね。今週10/2は、フランスのSF作家ジュール・ヴェルヌの小説『八十日間世界一周』で、主人公のフォッグ氏が世界一周の旅へ出発した日です。

八十日で世界を一周できるか?できないか?「できる」に財産の半分を賭け、残り半分を豪快に使いながら旅を実行するフォッグ氏。

波乱万丈の冒険模様が楽しくて、何度も読み返しています。。象から船まで、たくさん登場する乗り物も味があります。

***

今週は、バターナッツかぼちゃをピックアップします!初めて見ると「あれ?ひょうたん?」と思う方も多いのでは。わたしたちがよく食べるホクホクしたかぼちゃとはちょっと違う味わい。しっとり食感にぴったりのレシピもお届けいたします!

*バターナッツかぼちゃ*

かぼちゃは南北アメリカ大陸原産のウリ科の野菜。キュウリやゴーヤ、すいかなどの仲間です。

日本で育てられているかぼちゃは大きく「西洋かぼちゃ」 「日本かぼちゃ」 「ペポかぼちゃ」の3種類に分けられます。今わたしたちがよく食べているホクホク系のかぼちゃは、「西洋かぼちゃ」。

いっぽう、バターナッツかぼちゃは、「日本かぼちゃ」の一種です。上品な甘さで、独特のねっとり感があります。

水分が多いので煮物には向きませんが、ポタージュにするととってもなめらかでおいしい!オーブン焼きやソテー、プリンなどにもオススメです。

保存は、丸ごとの場合は常温・風通しのよい場所で。下の膨らんだ部分にある種、わたは傷みやすいので、カットの場合は取り除いておくともちがよくなります。断面をラップでぴっちり包み、冷蔵庫の野菜室へ入れてくださいね。

***

「バターナッツかぼちゃとリンゴのシナモンココナッツ焼き」のレシピも、合わせてご覧くださいね。

それでは、また来週!



X