【イベントレポート】9/9(土) カフエマメヒコ×坂ノ途中「ハタケの食事会」

2017.09.29 | category: イベント情報

こんにちは、坂ノ途中soil キョードーのはらだです。

9月も終わり、すっかり夏野菜はなごりの時期を迎えましたね。赤いピーマンや万願寺唐辛子など、畑でしっかり熟した夏野菜が食べられる季節になりました。一方サツマイモなど、はしりの秋野菜シーズンもスタート。

今回は、9月9日に開催したイベント「ハタケの食事会」のレポートをお届けします。食事会では、夏野菜と秋野菜の両方が登場しました

「ハタケの食事会」は、(ほぼ)毎月、渋谷の素敵なカフェ、カフエマメヒコさんで開催しているコラボイベントです。

その時期の旬の野菜を使って、マメヒコさんがその日限りのコース料理を作ってくださいます。

お食事とともにこの会の名物になっているのが、坂ノ途中代表の小野の「野菜にまつわるあれこれ」やマメヒコ店主井川さんの「料理についてのさまざま」のお話。これがおもしろい!と、リピート参加される方がとっても多いんですよ。

9月の会は久々のイタリアンでした!

***

*一品目 山科ナスとカウホーンオクラと青ミカンのマリネ

じっくりゆっくり焼いて旨みを引き出した山科ナスとカウホーンオクラが、青ミカン果汁たっぷりのマリネ液に漬けこまれていました。青ミカンのフルーティーでやさしい酸味が効いていておいしかったです。

青ミカンは間引きの温州ミカン。緑の皮と薄いオレンジの果肉のコントラストがとてもキレイです。主に、レモンのように果汁を絞って使います。

青ミカンは今まで市場に出回っていなかった、いわば未利用資源。

こういったものも販売してお金に変えることができたら、環境負荷の小さい農業を営みながら、無理せずに農家さんの収入を上げることができるのではないかと考えています。

*二品目 赤ピーマンと桜エビのピザ

なごりの夏野菜、赤ピーマンが使われていました。なごりの夏野菜は、畑に植わっている日数が長いので、7月や8月時期に食べる夏野菜に比べて肉厚で食べ応えがあるそうです。

ピーマン、パプリカ類は熟すと赤くなるものが多いそう。黄色やオレンジのものも、畑にそのままおいておくと熟して赤くなるそうですよ。

一方、黄色やオレンジのトマトは畑にそのままおいておいても赤く熟すことはなく、色はそのままで熟していきます。野菜の色の変化は自由で面白いですね。

井川さん特製のピザ生地ははちみつ入り!クリスピーな食感でほんのり甘い生地に、さっとソテーしたシャキシャキジューシーな赤ピーマンがたっぷりのっていて、おいしかったです。

*三品目 さつまいもとベーコンのキッシュ

井川さん曰く、キッシュや茶碗蒸し、プリンなど卵を蒸し上げて作るお料理は、火の入れ方が難しいそう。お料理のへその部分と外側の部分の温度をできるだけ均一にするために、薄くて熱伝導性の高い容器を使った方いいそうです。なるほど。。

*四品目 チキンと貝豆のトマト煮 マッシュさつまいも添え

メイン料理 1品目はチキンのトマト煮でした!

前回登場した北海道のハタケの「貝豆」入り。この貝豆、今回もふっくらしていておいしかったです。

付け合わせのマッシュさつまいもはほんのり甘くてトマト煮と相性ぴったりでした。トマトベースのお料理の酸味を、お芋の甘さが吸収してくれるそうです。

*五品目 さつまいもの牛肉巻きと、ミョウガのカツ

メイン料理 2品目はカツでした!さつまいもを牛肉で巻いてカツに。肉汁が染み込んだホクホクさつまいも、、秋のおいしさを一足先に味わいました。ミョウガのカツは、一口かじるとミョウガのフレッシュな香りが口いっぱい広がって、おいしかったです

毎回恒例、スタッフはらだの「こんなお野菜持ってきました!」コーナーも、みなさまにあたたかく見守っていただいた無事終了しました。。!

デザートは、プルーンとスグリを使ったタルトでした。

次回は10/14(土)の開催予定です!気になった方はぜひぜひご参加くださいね。

●日時
10月14日(土)
18:15 開場 18:30 開始 21:30 終了

●会場
カフエマメヒコ 宇田川町店 渋谷区宇田川町37-11

●参加費
5,500円+税

お申し込みは、マメヒコさんのHPより!



X