イベント情報!イタリアントマトの会@京都:9/19(火)

2017.09.04 | category: イベント情報

坂ノ途中オススメのイタリアントマトがたくさん採れています🍅

イタリアントマトなど加熱向きのトマトの品種は、
生食向きに比べて皮や果肉がしっかりしています。
焼いたり煮込んだりしても崩れにくく、
料理が水っぽくなりにくいのです。

火を通すと甘みとうまみがぐっと引き出され、
生とはまた違った魅力があるのですが
日本ではまだまだ生食向きトマトが人気ですよね。

今回はそんなイタリアントマトの魅力をお伝えすべく、
坂ノ途中×sumaoの野菜の会の番外編として
「イタリアントマトの会」を開催します!

トマトって、世界では加熱調理をして食べることのほうが
ずっと多いそう。特にイタリアンでは、
パスタにピザにスープにリゾットに煮込みにと、
本当にいろいろな料理で活躍していますよね。

今回は坂ノ途中のまかない料理人として
たくさんの野菜に向き合ってきた吉田さんと一緒に
トマトソースを作ります!
ドライトマトを使ったアレンジレシピなども
教えていただきますよ。

★日時:9月19日(火)
・前半:10:30~12:30
・後半:13:30~15:30
※前半・後半ともにレクチャーの内容は同じですが
レシピのデモンストレーションの内容は別となります!
通しての参加も大歓迎です◎

★参加費:3000円
※前後半通しての参加の場合:4500円
この会で作ったトマトソースとドライトマトを
お持ち帰りいただけます!(各1瓶づつ。)
※通しで参加の方でトマトソースとドライトマトの持ち帰りを
増やしたい場合(各2瓶まで)は、500円/1瓶追加となります。

~当日の流れ~
〇イタリアントマトについてのレクチャー
〇トマトソースづくり
〇アレンジレシピのデモンストレーション2種
〇アレンジ料理の試食

~当日アレンジレシピ案~
※デモンストレーションが何になるかは当日のお楽しみ🍅
●サルサ風焼きトマトソース
●トマトのチリコンカン
●レモン風味のラタテュイユ
●トマトスープ
●トマトソースとナスのペンネ
●セミドライトマトとオレンジのサンドイッチ
●ドライトマトとバジルのホットサンド
など…

★定員:各回12名(先着順:6名以上で開催)

★場所:オープンキッチンIpe
http://utaripe.com/#access
京都市中京区西ノ京職司町67-15
1/8bldg.(ワンパーエイトビルディング)4F

・JR二条駅 徒歩10分
・地下鉄「二条城前」駅3番出口 徒歩5分
・市バス・京都バス「神泉苑」バス停 徒歩1分
神泉苑近くのとても素敵なキッチンスペースです。
屋上からの眺めも最高です!
駐輪場もございますので自転車でもお越しいただけます。

★持ち物:エプロン・手ふきタオル・筆記用具
★キャンセル料:
前日当日は参加費の全額、2.3日前は参加費の半額
(代わりの参加者の方が見つかった場合はキャンセル料はいただきません)

★お申込みはこちらから
http://qq1q.biz/FFmU
(ご希望の回[前半・後半・通し参加]をご記載ください
sumaoからの返信(自動返信メール後のsumao店主からのメール)をもって受付完了とさせていただきます

講師:吉田千佳さん
料理と暮らしBran※ 主宰。

食育インストラクター
大阪高槻出身。京都市中京区在住。2人の息子の母。
幼かった息子のために作った「米ぬかふりかけ」の作り方教室がきっかけで、食べることを人に伝えることが仕事になった。
原点は、結婚後の夫の転勤で行った11年間の富山暮らし。子育てをしながら、3年間の有機野菜カフェ勤務を経て、農家の協力のもと、ふりかけ・みそづくり・野菜料理の教室も各所で開催。富山で出会った素敵な暮らし方をしている講師仲間と、まいにちの暮らしを応援する「shufuu:le(シュフーレ)」を立ちあげ、今でも富山へ出張している。2015年に京都に戻り、野菜提案企業㈱坂ノ途中のまかない人をしながら、京都の野菜をより深く学ぶ。現在は、すまいの雑貨店「sumao」(四条大宮)でのワークショップや教室を開催し、食を通じた幸せを多くの人に伝えている。ベースは、京都市内の自宅キッチン。この夏、料理と暮らし「Bran※」をスタートさせた。出張教室も随時受付中。

講座例
「米ぬかふりかけ」づくり(自宅)/「野菜屋のまかない(春夏秋冬)」sumao/京都シュフーレなど

みなさまのご参加、お待ちしております🍅
(坂ノ途中 松田)



X