今週のレシピ:空芯菜とわかめのしょうが和え

2017.07.03 | category: まかない・レシピ | tag:

空芯菜はその名の通り、茎の芯が空洞になっているのが特徴。

ヒルガオ科の野菜で、意外にもアサガオやサツマイモの仲間です。白い花はアサガオにそっくり!中国や東南アジアではとてもよく食べられています。

ニンニクと一緒に塩炒め!が定番ですが、スープやおひたし、和えものにしてもおいしい!

今回は、しょうゆ・しょうがと合わせたレシピです。キョードーのはらだが考えました!

*空芯菜とわかめのしょうが和え* 

1、空芯菜1束(100g)を塩を加えた熱湯でさっとゆがき、冷水にとって急冷する。
冷めたら水気を絞り、醤油洗い(醤油少々をまぶしてしばらくおいたあと水気を絞る)する。

2、塩蔵わかめ30gを水につけて戻した後、ざく切りにする。
ショウガ10gの皮をむきすりおろす。鍋に油少々とショウガを入れて弱火にかける。
ショウガの香りがたったら、わかめを入れて炒め、醤油少1、みりん小1、酢小1で味付けする。

3、空芯菜を2〜3㎝幅に切り、2のわかめと和える。
器に盛り付けてごま油少々を回しかけ、おろしショウガ少々をのせて、できあがり。

***

空芯菜をゆがくと、葉っぱはトロッと、茎はシャキシャキとしておいしいです。

空芯菜はゆがいた後にそのまま冷ますと葉っぱが黒くなってしまうので、今回は冷水にとって急冷しました。

塩蔵わかめがない場合は、乾燥わかめでももちろんOKです!



X