ラオスの森からコーヒーが届きました!

2017.03.21 | category: ラオスコーヒーのはなし

はじめまして。農家さん窓口担当の武岡です。

いつもお野菜であふれている坂ノ途中オフィスですが、

最近はコーヒー豆もあふれ返っております。。

この度、Mekong Organic Project (以下MOP)より

ラオスコーヒー/ティーの販売を開始いたしました!

左から
・ラオスの森コーヒー
・ラオスのティピカコーヒー
・カスカラコーヒーチェリーティ
ラオスの森からはるばるやってきたコーヒー豆を見て、
長旅おつかれさま!と声をかけたくなりました。

無事届いてよかった~

MOP主担当の安田はだいたいラオスの山奥にいるので、、
わたしからも、MOPの商品情報など、

いろいろと発信していければと思っております!

最初なので少しだけ自己紹介を。

私が坂ノ途中に出会ったのは、大学3年生の頃。
小さな畑で野菜を育てたり、バックパッカーをしたりしていました。
その中で、自然と共に生きていくことやシンプルな生き方を大切にしたいと思い、

自然と人間の結びめとなる農業に関わることを決めました。

(写真は自然の偉大さを静かに感じた、インド,ラダック)
それから坂ノ途中でアルバイトを始め、卒業してそのまま入社。

日々お野菜と向き合って過ごしてようやく1年が経とうとしています。

そんな中、今年の1月、安田と一緒にMOP準備のためラオスへ。
モン族の人々の村へ行って、コーヒー栽培の様子や、

コーヒーの加工場を見学させてもらいました。

毎日コーヒーを淹れるのは欠かせない!コーヒーフリークな私ですが、
実際にコーヒーの赤い実が生っているのを見るのは初めて。
コーヒーも、野菜や果物と同じように畑から収穫する農産物なんだ、

と改めて気付かされました。

さらに収穫後も、果肉除去、天日乾燥、脱穀、、、
とたくさんの工程を経なければなりません。
コーヒーが一杯のカップに注がれるまでに

こんなに手間がかかっていたなんて。。!

↓収穫したコーヒーの赤い実

メコンオーガニックプロジェクトは、
豊かな森を守りながら、人びとの伝統的な暮らしを支え、

持続可能な農業を未来につなぐプロジェクト。

お届けする商品を通じて、
ラオスの森と、そこで自然と共に楽しく暮らす人々のことを

思い浮かべてもらえたらな、と思っています。

これから、どうぞよろしくお願いいたします!


X