今週のレシピ:ズッキーニと小松菜と油揚げの炒め煮

2017.06.12 | category: まかない・レシピ | tag:

今週のピックアップ野菜、「ズッキーニ」を使ったレシピです!

 

*ズッキーニと小松菜と油揚げの炒め煮*

[1]ズッキーニ150g(1/2〜1本)を5㎜幅位の輪切りにする。
コマツナ1束(150g)をザク切りにして、茎と葉に分ける。
油あげ1/2枚を油抜きして短冊切り。ショウガ1片をみじん切りにする。

[2]鍋に油大1を入れて熱する。ショウガを入れて炒め、香りがでたらコマツナの茎、ズッキーニ、油あげを入れて炒める。

[3]全体に油がまわってしんなりしたら、だし汁1c、 みりん大1/2、酒大1、醤油大1を入れて煮る。一煮立ちしたらコマツナの葉を加える。
コマツナの葉に火が通ったら、最後にごま油をひとたらししてできあがり。

 

***

 

定番おかずの「コマツナと油あげの炒め煮」にズッキーニをプラス。早く火が通るよう薄めにスライスしています。

ズッキーニは一口かむとだし汁がじゅわっと口いっぱいに広がりますよ。

熱々でも、冷たく冷やしてもおいしいです!豚肉などを入れてボリュームアップさせても◎

黄色などカラフルなズッキーニで作ると、色合いも華やかでかわいいです。ぜひお試しください!



坂ノ途中だより:ズッキーニ

こんにちは、広報くらたです。

先週、坂ノ途中の自社農場「やまのあいだファーム」に行ってきました。

畑は今、夏野菜の準備中。薄緑色で焼くとぐっとうまみが出るナス・タイグリーンや、透明感のある淡い黄色がかわいいマイクロトマト・ホワイトカラントの苗などが育っていました。

踏みしめた草の感触が心地よく、山から吹いてくる風はさわやかで、なんだかとても元気になりました。夏野菜たちの収穫が楽しみです!

今週は、ズッキーニをピックアップします!毎年、ズッキーニが登場すると、いよいよ夏が来るぞ…!と感じますね!

 

*ズッキーニ*

ズッキーニは、キュウリやカボチャの仲間、ウリ科の野菜です。

16世紀ごろにアメリカ大陸からヨーロッパに伝わり、イタリアで今の形になりました。

日本で本格的に栽培され始めたのは1980年代と比較的最近のことですが、夏の定番野菜となりつつあります。

定番の細長い緑色、華やかな黄色、ストライプ柄、コロンとした丸い形、まるでUFOのような不思議な形…色も形もさまざまでおもしろいです!

油と相性が良く、煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げる、どんな調理にも向きます。

シンプルにソテーするだけでも、うまみがしっかり出ておいしい!クセのない味わいなので、だしや醤油など和の調味料とも良く合いますよ◎

保存は、ビニール袋に入れる・新聞紙でくるむなどして乾燥を防ぎ、冷蔵庫へ入れてくださいね。

 

***

 

ズッキーニを和食で!「ズッキーニと小松菜と油揚げの炒め煮」のレシピも合わせてご覧くださいね。

それでは、また来週!



今週のレシピ:ニンジンソースのアレンジレシピ

2017.06.10 | category: まかない・レシピ | tag:

坂ノ途中のオリジナル商品「ニンジンソース」を使った、アレンジレシピです!キョードーのはらだが考えました!

 

*ニンジンゼリー*

1、粉ゼラチン5gを、水20mlに入れて5分程度おきふやかす。

2、ニンジンソース150mlと水150mlをあわせて火にかける。沸騰直前で火から下ろし、1のゼラチンを入れて溶かす。

3、器にいれて冷蔵庫で冷やし固める。仕上げにハーブを散らしてできあがり。

***

とってもシンプルなゼリーです。ニンジンの食感も楽しめて、食べ応えがあります。

ヨーグルトを上にトッピングしても◎

 

*ニンジンドレッシング*

1、ニンジンソース小2、オリーブオイル小2、酢小1、塩少々、おろしニンニク  少々(お好みで)をよく混ぜてドレッシングを作る。

2、お好みのサラダにかけて、できあがり。

***

ニンジンの色が華やかでかわいいドレッシングです。

おろしニンニクをちょっと入れると味に深みがでます。ぜひお試しを!



レシピ:はくさい菜と梅のおにぎり

こんにちは!きしもとです。

葉物系のお野菜、お子さんはぱくぱく食べてくれますか?
うちの場合、日によっては見た目だけで拒否されてしまうことも。。

そんなときはみんなで楽しく作れるおにぎりがオススメです!
楽しく作ったごはんはきっといつもよりおいしく感じてくれるはず。

■はくさい菜と梅のおにぎり:おにぎり小4個分(調理時間:約15分)


【材料】
・はくさい菜(1束)
・梅ぼし(1個)
・ごはん(お茶碗2杯)
・塩(お好み)
・ごま(大さじ1)
・ごま油(小さじ1)

【1】はくさい菜をできるだけ細切りにして塩(分量外)を振り、
10分ほどおいて水分がでてきたら固く絞る。
※水分が多いとおにぎりが握りにくくなるので、ぎゅうぎゅう絞ってください!

【2】梅ぼしの種を抜いて実を細かく刻む。

【3】温かいご飯に、はくさい菜、梅ぼし、ごま、ごま油を入れて混ぜる。
最後にお好みで塩を入れて、おにぎりを握る。
※お子さんには自分用のおにぎりを握ってもらっても◎

【一言コメント】
はくさい菜でなくてもこまつ菜などの青菜でも同じように作れます。
梅ぼしが苦手なお子さんには代わりに、かつおぶしやちりめんじゃこでもお勧めです。

梅ぼしの酸味とごま油の香ばしさで食欲が進む一品です。
ぜひお試しください!



はじめてのラオス、はじめてのロンラン村

こんにちは!
MOPインターンの小野ゆうきです。

前回のブログに書いた通り、5月、ラオスに行ってきました!今回の記事では、『ラオスの森コーヒー』の生産地であるロンラン村で、私が体験したことをお話したいと思います。

-----------------------

はじめてのラオス、はじめてのロンラン村

 

実は今回がはじめてのラオス。5月はちょうど雨季に入る時期です。
日本の気候とは違い、空港についた瞬間から湿気を感じます。

いつもは雨が降ってもスコールのようにすぐにやむらしいのですが、ロンラン村への出発日は雷を伴う大雨がかなり続きました。道が心配。。

旧都市ルアンパバーンから車で1時間ほど走るとロンラン村に到着します。

 

ロンラン村への険しい道のり

 

やっとロンラン村へ到着、と思いきや、、
朝の雨で土がぬかるみ、車が全く進みません。

男性陣総出で車を押してみるも、土はどんどん柔らかくなっていきます。

ルアンパバーンから村へ向かう道はひとつだけ。
村の人たちは雨が降るとどうやって生活しているのでしょうか。。

疑問に思っていると立ち往生している私たちをバイクが追い越していきました。
みんな二輪で上手にぬかるみを避けていきます。
雨季が長いラオスでは必需品ですね。

とはいえ車では進めないので、仕方なく村まで歩くことに。
みんなでどろどろになりながら山道を30分登りました。笑

でも苦労して登ったかいがあったと思わされるぐらい、ロンラン村は緑に囲まれた美しいところでした。
あひると遊ぶ子どもや、すごく重そうな荷物を抱えながらも猛スピードで歩く80歳のおばあちゃんや、家族みんなで談笑しながら竹編みのかごを作る人たち。
この村で生活する人たちはみんないきいきとしているように見えました。

 

ロンラン村唯一のゲストハウス

 

村に到着すると真っ先に目に入るのが、村にひとつだけあるゲストハウスです。

シャワーやトイレ、寝室はもちろん、村の人が集会に使うのかな?というような広いスペースもあります。

夜は村の人が蚊帳を用意してくれて、自然に囲まれながら安心して眠りにつくことができます。

 

ロンラン村のコーヒー農園

 

早速コーヒー農園を見せてもらうことに。

いくつもの緑のトンネルを抜け、道端で村の人と会えば挨拶や世間話を交わし、広大なコーヒー農園へ。

農家さんによって農園にも個性があります。「ここは◯◯さんの農園で、彼はこんな人なんだよ」という話を聞いていると、今までよりもっとラオスのコーヒーを身近に感じることができました。

あたりまえのことなのですが、私たちの扱うコーヒーは生産者一人ひとりの、「だれか」の手によって作られているんだな、ということを改めて気付かされました。

 

村のごはんはみんなで自炊

 

夜がふける前に、みんなで夕食の準備をします。

「さあゆうき、今晩のおかずを選んで!」
そう言われて連れて行かれた場所には、たくさんのアヒルが…!

食事は、命をいただくということ。
日本にいると忘れてしまいそうなことも、ロンラン村ではしっかり向き合うことができます。

-----------------------

たった1日の出来事でしたが、たくさんのことを感じました。

ロンラン村の風景が、少しイメージできたでしょうか。
みなさまにとってロンラン村が、今までより少しだけ身近に感じられるようになれば嬉しいです。

 

実はみなさまにもっとコーヒーのことを知ってほしい、コーヒーをつくっている人たちのことを知ってほしい。という気持ちから、実際に現地を見に行くスタディツアーができればいいなと思っています。

いつ形にできるかはわかりませんが、そのときがきたらぜひ一緒にロンラン村へ行きましょう!

楽しみにお待ちください。



梅しごと特集

2017.05.27 | category: まかない・レシピ | tag: ,

今年もそろそろ梅しごとの季節!

「梅シロップ」「梅酒」「梅ビネガー漬け」「梅味噌」のレシピをご紹介します◎

*****

*梅シロップ*

●材料(2ℓの瓶を使う場合)
・梅・・・500g ・砂糖・・・500g(写真はマスコバド糖を使用)
ここに酢を加えると発酵防止になります。酢の分量は梅重量の25%を目安にしてください。

S_4417582039819

●作り方
◎準備・瓶の殺菌

【1】瓶をよく洗う。熱湯をまわしかけ、乾かす。
使う前にアルコールもしくはアルコール度数の高いお酒をしみ込ませたキッチンペーパーで瓶の内側をふきあげるとより完璧。

◎下処理
【2】ヘタを爪楊枝などで取り除き、洗って水気をよく拭き取る。
※真っ青な青梅を使う場合は、水に2〜3時間つけ、アク抜きをしてください。

◎漬け込み
【3】梅と砂糖を交互に入れる。いちばん上が砂糖になるように。

S_4417582297490
↑交互に入れていきます。

◎熟成
【4】日のあたらない場所に置いて熟成させる。

時々ゆすって中を混ぜ、1ヶ月ぐらい寝かせ、梅のエキスが充分に抽出されたら出来上がり!

S_4417582166243
↑一番上が砂糖になるように入れ、熟成させます。

※梅が上に上がってきた場合は、ラップで落としぶたをしてください。
※砂糖は1週間ほどで溶けてきます。
※発酵してきた場合は、梅とシロップを分け、シロップだけ弱火でアクを取りながら加熱してください。
シロップに味がついていたら、梅はそのまま取り出します。
まだ味がついていなかったら、梅を戻して再び熟成させてください。

水やソーダ、お湯で割って1年中楽しめます。煮物の砂糖がわりに使うのもおすすめです!

 

*****

 

*梅酒、梅ビネガー漬け*

●梅酒材料
・梅・・・500g ・砂糖・・・500g
・お酒・・・400ml〜500ml
※お酒はホワイトリカー、焼酎、ブランデーなど(アルコール度数25%以上)

●梅ビネガー漬け材料
・梅・・・500g ・砂糖・・・500g ・お酢・・・500ml

●作り方 ※梅酒、梅ビネガー漬けとも同じです。
◎準備・瓶の殺菌,◎下処理は梅シロップとおなじ

◎漬け込み
【3】梅と砂糖を交互に入れる。最後にお酒/お酢を注ぎ入れる。

◎熟成
【4】日のあたらない場所に置いて熟成させる。時々、上下を返して中を混ぜる。
梅酒(半年〜)、梅ビネガー漬(3ヶ月〜)寝かせたら出来上がり!

梅が上に上がってきたら、ラップで落としぶたをしてください。
※お砂糖は1週間位で溶けてきます。

S_4417656997558

 

*****

 

*梅味噌*

●材料
・梅・・500g ・砂糖・・・500g ・味噌・・・500g
※真っ青な固い梅の場合は、しばらく置いて追熟させてから作ってください

●作り方

◎準備・瓶の殺菌,◎下処理は梅シロップとおなじ

◎漬け込み
【3】味噌→梅→砂糖の順で、交互に入れる。

◎熟成
【4】冷蔵庫の中に入れて熟成させる。時々かき混ぜる。
1ヶ月位熟成させて、味噌がゆるくなったら、実を取り出す。
果肉と味噌をお鍋に移して、煮詰める。好みの固さになったら出来上がり!

IMG_6379
↑漬けて2週間目ごろの様子。砂糖と味噌がまざり始めています。

 

***

 

1年に1度、この時期だけの梅しごと。ぜひチャレンジしてみてくださいね◎



レシピ:レタスと春野菜の豆乳スープ

こんにちは!きしもとです。
色々な種類のレタスが出てくる時期になりましたね。
サラダだと洗うだけですぐ出来るので簡単ですが、
どうしてもワンパターンになってしまいがち…。
そんなときほっとできるスープはいかがですか?

■レタスと春野菜の豆乳スープ』 :4人分 (調理時間:約20分)

【材料】
・グリーンバタビアレタス(葉4枚程)※他のレタスでも可
・新タマネギ(中1個)
・にんじん(中1本)
・新じゃがいも(中2個)
・すりごま(大さじ2)
・豆乳(3カップ)
・塩(小さじ1)
・味噌(大さじ1)
・油(大さじ1)
・こしょう(お好み)

【1】レタスを洗って一口大にちぎる。
新タマネギは薄切り、新じゃがいもは一口大、にんじんはいちょう切りにする。
※タマネギの皮むきやレタスをちぎるのはお子さまにお手伝いしてもらっても◎

【2】油を引いた鍋で新玉ねぎを少し焦げ目がつくまで炒めて
レタス以外の野菜、すりごま、塩、野菜が浸るまでの水を入れて10分ほど煮る。

【3】野菜に火が通ったら豆乳を入れて温まったら味噌をとき、
レタス、お好みで胡椒を入れて出来あがり!

【一言コメント】
豆乳の代わりに牛乳でも大丈夫です。
豆乳を入れたあと加熱しすぎると分離してしまうので注意してください。
今回はグリーンバタビアレタスですがどの種類のレタスでも大丈夫です!

豆乳にほんのりレタスの甘みが出てとても優しい味です。
ぜひお試しください!



はじめまして!インターン生の小野悠希です。

2017.05.23 | category: ラオスコーヒーのはなし

 

はじめまして!
4月から坂ノ途中でインターンをしている、小野悠希といいます。

担当はメコンオーガニックプロジェクト。なかでも、「カスカラコーヒーチェリーティー」の情報を主に発信していきます!

前回の記事で、みなさまにはカスカラがどんなものなのか、ということを知っていただ
けたかと思います。

 

が、実はあの記事にはまだまだ書けていない「カスカラの魅力」がたくさんあるんです!!

おすすめのレシピなど、これからみなさまにどんどんお届けしていきますね。

また、インターン生からみたMOPという、よりリアルでみなさまの目線に近いところからの情報を発信していければと思っています。

自己紹介ばかりが続きますが、私も少し自己紹介をさせてください。

------------------------------------------------------------

改めまして、小野悠希といいます。

現在、関西学院大学の総合政策学部に在学中で、この春4年生になりました。

もともと何の計画もなく海外を旅するのが好きで、そうして出会った人や場所を通じてたくさんの「機会の不平等」を目にしたことから、気づけば「社会問題を解決するために働きたい」と思うように。

その後カンボジアで農業に関わってみたり、インドネシアのカカオ農家やコーヒー農家を訪問したりして、このメコンオーガニックプロジェクトに出会いました。

 

100年先まで見据えた豊かな森をつくる、メコンオーガニックプロジェクト。

このプロジェクトを通して、いったいだれが、どんな風に喜ぶのか。ラオスがどう変わっていくのか。
それが見たくて、このプロジェクトに少しの間参加することを決めました。

そしてどうしても現地を見に行きたいという一心で、実は私もラオスに行ってきました!
現地でみたものや感じたことも近々ブログでご紹介しようと思います。

 

これからラオスが、コーヒー農家さんたちが、そしてこのプロジェクトがどう変わっていくのかを、短い期間ではありますが等身大でみなさまにお届けしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

 



レシピ:絹さやと新タマネギの卵炒め

はじめまして!
「きしもと」と申します。
これからお子さんがいらっしゃるご家族向けのレシピを発信することになりました!
私自身も子どもがおり、いつも子どもたちにどうしたらおいしくお野菜を食べてもらえるか
試行錯誤している毎日です。。

レシピ内にはお子さんがお手伝いできるポイントも入れてあります。
料理からご家族みんなでお野菜を楽しんでいただけるとうれしいです!

■絹さやと新タマネギの卵炒め:4人分 (調理時間:約10分)

【材料】
・絹さや(1袋20本程)
・新タマネギ(小半分)
・卵(1個)
・塩(一つかみ)
・こしょう(お好み)
・かつおぶし(お好み)

【1】絹さやを洗ってヘタと筋を取り、斜め切りにする。
新タマネギはくし切りにする。
※ヘタと筋とりはお子さんにお手伝いしてもらっても◎

【2】油を引いたフライパンで新タマネギを炒め、透き通ってきたら、絹さやを炒める。
全体に油が回ったら塩とこしょうを入れて一旦取り出す。

【3】卵を溶いて同じフライパンで軽く炒めて②をフライパンに戻して混ぜる。

【4】お皿に盛りつけて、かつおぶしをお好みで載せて出来上がり。
※ぜひお子さんと一緒に!かつおぶしが躍るので大喜びですよ。

【一言コメント】
ちょっとした一品やお弁当の彩りにもおすすめです。
新タマネギがない時は普通のタマネギでも可。
ただ、その際は②の工程で少ししっかり目に火を通してください。

絹さやのシャキシャキがとてもおいしい一品です。
ぜひお試しください!


坂ノ途中soil キョードーのまかない

こんにちは

坂ノ途中soil (キョードー・ヨヨギ)のはらだです。

5月に入って、お店に並ぶ野菜の数がぐっと増えてきました!
特に最近増えてきたのが絹サヤ、スナップえんどうや赤花砂糖エンドウなどの豆類と葉つき人参やビーツの若芽などの間引き菜類。成長途中の野菜の勢いが感じられるような、みずみずしい味わいがとってもうれしいです。

先日のまかないをご紹介します。↓

鶏むね肉の塩麹蒸しとビーツの若芽。ピーナッツソース。

すずかぼちゃとスナップエンドウのサラダ

ホウレンソウと大浦太ゴボウの胡麻バター和え

はたけしめじとクレソンのソテー

黒米入りごはん

ビーツの葉っぱは少しの間水にさらしてシャキっとさせました。ホウレンソウのような風味と味わいがあって、ピーナッツソースの濃い味とも相性ばっちりです。

大浦太ゴボウは柔らかくて少し甘みを感じます。さっとバターでソテーして、胡麻和えにしたホウレンソウと合わせてアクセントにしてみました。

すずかぼちゃは初物です。これを食べると、いよいよ夏がやってくるんだなーという感じがしてわくわくします。

 

ぐんぐん成長していく初夏の野菜の元気をもらった昼ごはんでした◎

ではまた!

 

 



X